交通事故に遭った時の味方は保険屋さん?

交通事故に遭ってしまってむち打ちなどのケガをした時、
加害者の保険担当者さんは、はたして被害者さんの味方なのでしょうか?
答えは「No」です。

自賠責保険の担当者さんが親切にしてくれたとします。
病院に連絡してくれたり、保険を使った整骨院への通院にも快くオッケーをしてくれたり、
壊れた車の修理の手配をしてくれたり、代車を貸してくれたりなど。
交通事故の被害者さんのためにサポートをしてくれはしますが、
保険の担当者さんは、最終的に交通事故を起こした「加害者さん」の味方だと
いう事実を忘れてはなりません。

保険の担当者さんが、交通事故の加害者さんの味方をする理由

その証拠に保険会社の担当者さんは、交通事故の加害者さんを「加害者」とは呼びません。
「契約者さん」と呼びます。
あくまで加害者さんの代理で、あなたのサポートをしているだけなのです。
保険会社がお金をもらっているのは加害者さんですから、
加害者さんが不利になるようなことは絶対にしません。

もちろん金銭面に関しても、保険会社が有利になるよう話をもっていこうとします。

残念ながら保険会社の出費を抑えようと、本来治療可能なものを「ダメ」と言い切ったり、
治療を途中で打ち切ろうとする保険担当者さんまでいる始末…
そんなケースでも弁護士さんを入れたとたん、「ダメ」が「オッケー」になったりします(苦笑)
被害者さんに知識がほとんど無い事につけ込んでくる担当者さんもいますから、
被害者さんも自分を守るため知識をもって対応しなければなりません。

保険の担当者さんを「味方」だと信じきっていては、被害者さんが不利なってしまう事もあるんです。
「まずはご自身の権利を守るため、正しい知識を身につけてください。
わからないことがあれば、専門家に相談されることをお勧めします。」
被害者さんの味方は、保険担当者さんではなく、われわれ治療家なのです。
奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)では、交通事故専門治療だけでなく
交通事故治療や保険に関するご相談だけでも受け付けています。
保険会社とのトラブル対処法なども、経験豊富な専門家が直接アドバイスいたしますので、
まずはメールか電話にてご相談ください。
お問いあわせは、こちらから
もちろん直接来院していただいても構いません。

交通事故治療のご相談なら経験豊富な奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、むち打ち専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

関連する投稿