むち打ち症の症状とは?

むち打ち症の症状の前に、むちうちになる原因から
説明しますね。

ムチウチの主な原因は、自動車の追突事故です。
この時、全身に強い衝撃が加わりますが、体は座席に固定されているので、
頭と胴体がS字を書くような動きをします。
これによって首を痛めてしまい、鞭打ちのつらい症状が出現するわけです。

むち打ちの症状

むち打ち症の症状のなかで一番多いのは首の痛みです。
事故直後から痛みを感じる場合と事故にあってから
数時間~2、3日経ってから症状が出現し、
だんだんきつくなっていく場合があります。
事故にあった日ではなく、翌日から痛みを感じることが多いようです。

何故かというと、事故直後は精神的な緊張や不安があり
痛みを感じにくくなっているからです。

むちうちによる首の痛みの特徴

むちうちになると鈍痛や動かしたときの痛みが、後頭部から首筋、肩、
背中にかけてなど広く出ることがあります。

また、むち打ちの症状として問題となるのが、首の可動域です。
上下、左右の傾きや、振り向く動作をする際に痛みを感じ制限が生じます。

その他のむちうちの症状としては、頭痛やめまい、吐き気、手のしびれ、
肩こり、倦怠感など様々あり、むちうちが起きた衝撃や痛め方により
全身に及ぶこともあります。

むちうちを甘くみないでください。
自己判断せずに専門の知識を持った方に相談しましょう。
むちうちも捻挫などの怪我と同様に、初期治療を適切に行えば、
症状は改善していきます。

むち打ち専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)はこちら

奈良市で、むち打ち専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

関連する投稿