むちうちの治療は、気持ちの持ち方で早く治る!?

むちうち症になってしまったら、体が辛いのはもちろん、
精神的にもすごく落ち込んでしまいます。
投げやりな気持ちになってしまうこともあると思います。

交通事故の被害者になるのは誰にとっても過酷な体験です。
しかし、こんな理不尽な出来事のせいで生活を無茶苦茶にされたくはありません。

むち打ちも気から

昔から「病は気から」といいます。
「病気」という字は、文字通り「気」を「病む」と書きます。
ご自身が「元に戻そう」と強く思うことが、元気につながる早道なのです。
もちろん、気合だけではどうしようもない病気もあるでしょう。

しかし実際にむち打ち治療でも「早く治りたいから、頑張って通院しよう」と思う方と、
「通院していれば、いつかは治るだろう」と思う方では回復の早さが違います。
不思議なことに前者の方のほうが回復が早いのです。

ムチウチの治療で大切な事

ムチウチ治療で大切なのは、まだ残っている痛みに気を向けるのではなく、
良くなっていることに気持ちを向けることです。

例えば鞭打ちにより全く動かなかった首が、
治療を受けたことにより少し動くようになったとします。
その際に「全く動かなかった首が、今日は少し動くようになった、少しずつ良くなっている」と
前向きにとるか、「事故前に比べてまだ少ししか動かない、これで大丈夫なのか・・」と
後ろ向きにとらえるかで気持ちは全く違います。
このことは医学的にも証明されています。
どんな名医も治らないと思っている人は治せないのです。

むちうちの治療にあたる先生は、一日でも早く治そうと症状に合わせて、
アイシングしたり、電気治療をしたり、手技で刺激を与えたりします。
そのうえで患者さん自身の治癒力も必要になってきます。
「早く良くなる!」この気持ちを大事にしてください。

むち打ち治療に実績のある奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)はこちら

奈良市で、むちうち専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

関連する投稿