むち打ちの治療は最初が肝心です!PART2

むち打ちの治療は、最初が肝心だということは前回お話ししました。
軽くおさらいすると、交通事故によるむちうちは急性の外傷になるので、
最初の治療としては冷やすことが大事だということでした。

むち打ち治療で「冷やす」理由

まず、むち打ち治療での「冷やす」ということの意味についてお話したいとお思います。
「冷やす」といわれると体に悪いというイメージを持っていませんか?
しかし冷やすことは、やりかたさえ間違わなければムチウチ
すごくいい反応を起こしてくれます。

では、鞭打ちで冷やすとどうなるのか?

  • 冷却によって炎症や腫れなどが抑制される。

  • 冷却のあと、反射的に皮膚温度が上昇し、その結果、患部にいい意味での充血と筋弛緩がおきる。

  • 血液中の酸素濃度が増加し、そのために組織から出る発痛物質ができるのを抑制する。

  • 冷却麻酔効果によって痛みが感じにくくなる。
少し専門的ですが冷やすことでこれらの効果がおきるのです。

交通事故で、むち打ちにあったばかりの首は、筋肉や靭帯などを痛めているので炎症が起きています。
であれば、むちうちの初期治療で「冷やす」ことが重要というのは当然のことなのです。
初期治療で冷やしておけば、ムチウチの悪化を防ぎ治りが早くしてくれます。

むち打ち治療なら交通事故専門治療のある奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、むち打ち治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

関連する投稿