腰痛の人は、腰痛体操をしてはいけません。

よく腰痛やぎっくり腰だからといって腰痛体操をする人がいるのですが、
これってむしろ腰痛を悪化させるので絶対にやめてくださいね。

腰痛体操とは

腰痛体操といわれると腰痛を持っている人が、
腰にある痛みを改善するための体操だと思っていませんか?
これって大きな勘違いなので注意してくださいね。

では何のための体操なのか?
実は、腰痛体操というのは「腰痛を予防するための体操」なのです。
紛らわしいので、名前を「腰痛予防体操」に変えて欲しいと思っています。
腰痛がなく、もしくはほんとに軽い症状の人がひどくならないために行う体操であって、
ひどい腰痛がある人が痛みをとるためにする体操ではないのです。
そういう場合、腰痛の悪化原因になりますので、腰痛体操はお勧めできません。

正しい腰痛の対処法

では、ひどい腰痛の場合は、どうすれば良いのか?
ひどい腰痛やぎっくり腰などの急性の腰痛になった場合は、冷やしてあげてください。

ただし冷やすといっても湿布はダメです。
冷感湿布でも冷えるのではないかと思われがちですが、
冷感湿布は名前の通りひんやりする感覚があるだけで、冷えてはいません。

冷やす時は、氷のうや保冷剤などがあればベストですが、
なければスーパーの袋を三重ぐらいにして氷と水をいれて冷やしましょう。
※水の量は氷の半分くらい

急性の腰痛は、炎症を持っていますので冷やすのが効果的です。
絶対に腰痛体操はしないでください。
何度も言いますが腰痛体操は腰痛を予防するための体操であって、
腰痛の痛みをとるためのものではありません。

腰痛治療に実績のある奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へのアクセス

奈良市腰痛専門治療ができる整骨院や鍼灸院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。


関連する投稿