腰痛時のコルセットの正しい使い方と効果

腰痛になった時、少しでも痛みを改善、軽減しようとコルセットを腰に巻く方はたくさんいらっしゃると思います。
コルセットは、せっかく巻いても正しい使い方をしなければ、腰痛に効果がありません。
今回は、正しいコルセットの使い方についてお話したいと思います。

腰痛を治すものではない

コルセットは、腰の周りにある筋肉の働きを助け、
痛みの出る姿勢をとらせないようにするものであって、
腰痛を治すためのものではありません。

ただし腰痛を予防するのには効果的です。
例えば力仕事や腰に不安のある方は必要に応じて装着しましょう。
常日頃からコルセットを付け続けると筋肉を弱くする原因になりますので、
必要な時だけつることをお勧めいたします。

コルセットをつける位置

コルセットを巻いても、つける位置を間違うとまったく腰痛に効果がありません。
コルセットを巻く時は、ウエストのラインにある腰骨をコルセットの幅の中心に来るようにします。
下腹部を持ち上げるようなイメージで巻いてあげると効果的です。
と言っても、わかりにくいと思いますので、動画で正しい巻き方を説明したいと思います。

腰痛の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、腰痛の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

関連する投稿