ひどい肩こりで病院の薬や湿布が効かない原因

nayami01m

肩こりになったら、病院へ行って湿布をもらうという方も多いのではないでしょうか。
もちろん、肩こりだと思っていたら別の病気だったという事もあるので
最初に病院で診察してもらうのは大切です。
その結果、薬や湿布で症状が改善されている人は良いとしましょう。

今回の内容は、薬や湿布、温めたり運動をしても肩こりの症状が改善されず
どうしようもないので肩に注射をしてもらっているような方に役立つ肩こり解消法です。


病院の薬や湿布で肩こりが改善しない原因

簡単に説明すると、肩の血行が悪いから肩こりになると思っていませんか?
血行が悪いことが原因なら、温めれば改善するはずですが、それで改善しない人がいます。

なぜなら、肩こりは血行を良くするだけではダメで、「血行+リンパの流れ」を良くしないといけません。
血行とリンパの流れを良くすることを「循環を良くする」と言います。

また肩こり解消法として、温めたり運動したりストレッチをされる方が多いですが、それで改善しない場合は、血行が悪くなって疲労物質が溜まっています。

それを『入口と出口』と考えてみると、疲労物質を排出するためには、出口を広げてあげる必要があります。
入口もしかりで、疲労物質を洗い流せるほど血液・リンパ液が流れていない可能性もあります。
姿勢の影響で入口出口が圧迫されて、循環が悪くなっているのかもしれません。

以下の事は薬や湿布、温めたり電気を当てるだけでは解決しそうにないですよね?

  • ・リンパ+血行=循環を良くする
  • ・入口と出口を広げる
  • ・姿勢の影響があるのでそれを解消する

なかなか肩こりが楽にならない方は他の方法が無いか?を考えていただきたいです。

201211605128-300x168

肩こり治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669


関連する投稿