整骨院で肩こりに保険は使えない?

整骨院で「肩こり」に保険を使えるでしょうか?
肩こりに保険は「使えません」が正解です。

hokensyou

でも、ただ使えませんと言われても何か気持ちがしっくりこないですよね?
なぜ整骨院では肩こりに保険が使えないんでしょうか?

整骨院の保険には、ルールがあります。
これは厚生労働省が決めているもので、各自の整骨院ではどうしようもありません。
 
このルールの中に
「単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。
このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。」
と書いてあります。

参照:柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて

ただ一般の患者さんには、整骨院の保険は非常に分かりにくいものです。
肩こりで整骨院に行って「保険がきかなかった!」となると納得できない気持ちも良く分かります。
整骨院にとっても、できるだけ治療に保険が使えればとは思いますが。
もともと、「肩こりに保険は使えない」のが真実です。

肩こりで整骨院に行ったけど、保険でやってくれたよ?
という方もおられるかとは思います。
「肩こりで整骨院に行ったら、保険が使えなかった」
「肩こりで整骨院に行ったら、保険でやってくれた」
どちらの整骨院の方が、ルールをきちんと守っているでしょうか?

お支払いが安ければそれにこしたことはありませんが、
「不正請求」で安いのであれば本末転倒ではないかと思うのです。


肩こり治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

ひどい肩こりで病院の薬や湿布が効かない原因

nayami01m

肩こりになったら、病院へ行って湿布をもらうという方も多いのではないでしょうか。
もちろん、肩こりだと思っていたら別の病気だったという事もあるので
最初に病院で診察してもらうのは大切です。
その結果、薬や湿布で症状が改善されている人は良いとしましょう。

今回の内容は、薬や湿布、温めたり運動をしても肩こりの症状が改善されず
どうしようもないので肩に注射をしてもらっているような方に役立つ肩こり解消法です。


病院の薬や湿布で肩こりが改善しない原因

簡単に説明すると、肩の血行が悪いから肩こりになると思っていませんか?
血行が悪いことが原因なら、温めれば改善するはずですが、それで改善しない人がいます。

なぜなら、肩こりは血行を良くするだけではダメで、「血行+リンパの流れ」を良くしないといけません。
血行とリンパの流れを良くすることを「循環を良くする」と言います。

また肩こり解消法として、温めたり運動したりストレッチをされる方が多いですが、それで改善しない場合は、血行が悪くなって疲労物質が溜まっています。

それを『入口と出口』と考えてみると、疲労物質を排出するためには、出口を広げてあげる必要があります。
入口もしかりで、疲労物質を洗い流せるほど血液・リンパ液が流れていない可能性もあります。
姿勢の影響で入口出口が圧迫されて、循環が悪くなっているのかもしれません。

以下の事は薬や湿布、温めたり電気を当てるだけでは解決しそうにないですよね?

  • ・リンパ+血行=循環を良くする
  • ・入口と出口を広げる
  • ・姿勢の影響があるのでそれを解消する

なかなか肩こりが楽にならない方は他の方法が無いか?を考えていただきたいです。

201211605128-300x168

肩こり治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669


顎関節症や頭痛,顔の歪み,肩こりには美容鍼&小顔矯正が効果的

?????

顎関節症頭痛,顔の歪み,肩こりなどの症状にお悩みの方に朗報です。
以前は別々のメニューだった小顔矯正と美容鍼を組み合わせたら、段違いに効果が上がりました!
小顔効果や美肌効果だけでなく、顎関節症や頭痛,顔の歪み,肩こりまで改善してしまいました。

小顔矯正をしていて「美容鍼をしていたらもっと効果があるのに」美容鍼をしていて「小顔矯正を加えたらもっと効果があるのに」と考えたのがきっかけです。

その後、「顔の歪み」で来られる方が多く、歪みへの対処が必要になりました。
ほとんどが顎関節の動きに問題がある、いわゆる「顎関節症」の方です。
顎関節症に対処する為、美容鍼&小顔矯正に首・肩へのアプローチを追加しました。
頭部全体のバランスを取る必要があるからです。
これで顎関節症からくる顔の歪みへ対応ができるようになりました。

施術直後には顎の動きが変わったことも実感していただけるようになりました。
同時に、これだけで頭痛・肩こりの解消が一緒にできています。
美容鍼、小顔矯正の効果に「顔の歪み・顎関節症の改善」と「頭痛・肩こりの改善」という
とんでもないメニューになってしまいましたが(笑)

これで美容鍼&小顔矯正メニューの効果が更にアップしましたが、美容鍼の効果である「肌のターンオーバー促進」だけでは解決できない女性特有の問題が出てきました。
この問題への対処が、小顔矯正+美容鍼+首肩へのアプローチでの効果に驚くような結果をもたらすことになりました。

たかまの美容鍼&小顔矯正を継続すると生理痛が治る?』に続きます。

小顔矯正&美容鍼なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で小顔矯正と美容鍼に実績のある整骨院や鍼灸院、接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『たかま鍼灸整骨院(接骨院)』で小顔矯正&美容鍼をお試しください。

TEL:0742-27-4669

頭痛の原因は肩こりじゃない

頭痛原因の一つとして肩こりが良く挙げられます。

しかし、肩こりさえ解消すれば頭痛の原因が無くなる訳ではありません。

肩の筋肉が凝ることによって首の筋肉が押さえつけられていることはご存知でしょうか?
首に繋がる脊柱起立筋の上に、肩こりの筋肉といわれる「僧帽筋」が覆い被さっています
そうです、凝り固まった僧帽筋に押さえつけられた脊柱起立筋に影響されて首が凝ります。

肩こりは首こりを引き起こし、頸椎の異常な動き=いわゆる首の歪みが頭痛を起こしているのです。
肩をほぐすだけでも頭痛は治りませんし、首をマッサージするだけでも頭痛は治りません。
この肩こりと首こりの悪循環を止めなければいけません。

まずは首だけ・肩だけといったどちらか片方だけにストレッチやマッサージをしないようにしましょう。
そして首に負担をかけるようなストレッチや運動は厳禁です。
温めたり揉んでも解消しない肩こりは、温めたり揉んだりしても解消しない訳ですから、無駄な努力は止めましょう

頸椎に関しては自分でポキポキしても、頸椎の理想的な動きは戻りません。
温めない・揉まない治療とともに、経験を積んだプロによる頸椎の矯正が必要な場合が多いです。
自己流で楽にならない場合はまずそれを中止する勇気を持つことをおススメします。
それが頭痛解消の第一歩です^^



頭痛の原因となる肩こり・首こり治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

鍼灸治療や美容鍼灸は痛いですか?

201211605128

鍼灸治療美容鍼灸痛いんじゃないですか?」
という患者さんがたまにいらっしゃいます。

大きく分けて理由は2つ。

「鍼灸治療や美容鍼灸を受けた事が無いけど痛そう」
「鍼灸治療や美容鍼灸を受けた人に痛かった、と聞いた」

食わず嫌いと同じなので、ここできちんと説明したいと思います。

私が鍼灸師だから言う訳ではありませんが、鍼灸自体はすごい効果を発揮する治療です。
肩こりに対しても、腰痛に対しても手が届かない部位を治療できるんですから。

問題なのは、

「鍼灸をしたことはあるが、痛かった」
「痛くないと聞いたのに、鍼を刺す時の痛みが我慢できない」
「鍼灸治療をしたあとに痛かった」

こういったケースです。

誤解を恐れずに言うならば、これは「鍼灸治療を行なった人の問題」です。
つまり治療を受けた鍼灸師の技術の問題であって、鍼灸治療の問題ではありません。
ここを間違えないでいただきたい。

「説明が下手、または説明が不十分」
「鍼灸治療のメリット・デメリット」
なんかをきちんと伝えていないと、患者さんの不安がMAXです。
不安なまま鍼をすると、やはり痛みを感じやすい。

また、下手な鍼灸師にあたってしまうこともあるでしょう。
不安な状態で下手な鍼灸を受けりゃそりゃ嫌いになります。

ただ、たかま鍼灸整骨院では、多くの患者さんが鍼灸治療を併用されており、
継続していただいています。
怖がっていた人も術後は思ったほど痛くなかったとおっしゃいますし
何より効果を実感されるので満足度が高いです。
食わず嫌いをせず、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

鍼灸治療や美容鍼灸なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、鍼灸治療や美容鍼灸に実績のある鍼灸院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。



肩こりの筋肉「僧帽筋」とは? 

20121106111852840

肩こりのある方は「僧帽筋」という筋肉を聞いたことがありませんか?
肩こりに関係する筋肉として良く取り上げられるのが「僧帽筋」です。

この僧帽筋が正しく働くことで胸を張る姿勢をとることができます。
仕事や日常生活で前かがみの姿勢が多くなると僧帽筋は引き伸ばされ、縮むことが出来なくなり、肩こりや背中のこりや違和感が出てきます。

僧帽筋を治療して肩こりを改善するには

僧帽筋を治療して肩こりを改善するには、肩こりや背中のこりや違和感を出している部分だけを触っても良くなりません。

なぜなら僧帽筋は首から背中にかけて広範囲にくっついている筋肉だからです。
上にある絵を見て頂ければわかると思いますが、後頭部から鎖骨、肩甲骨の端、胸椎の一番下(第12胸椎)までの範囲に広がっています。
こんなに大きな筋肉なのに肩こりや違和感がある部分だけ触っても、僧帽筋は正しい調整はできません。

首、肩、背中、腰の上部のほうまで治療してやっと僧帽筋の調整ができるのです。
僧帽筋が正しく動けるようになることで、姿勢を正しく保つことが出来るようになり肩こりの予防にもつながっていきます。
肩こりの辛い部分ばかりに目を向けがちになりますが、全体のバランスを診て治療することが大切です。

僧帽筋による肩こり治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

肩こり治療は、肩こりの辛いとこだけ治療しても治りません。

l_046

肩こり治療では、肩こりの辛い場所だけを治療してもよくなりません。
いろんな状態が関連して肩こりがおこるからです。

例えば、デスクワーク系の仕事をしてる方だと、パソコンを使うことが多いため長時間同じ姿勢をとります。
画面に集中するので背中が丸くかがんだ姿勢になってしまいます。
姿勢が丸くなることにより背中の筋肉が伸ばされ収縮しにくくなってしまいます。

パソコンの画面をみるために顎が上がってしまい、首に負担がかかります。
背中の筋肉が収縮しにくくなり、背中を伸ばせないため胸を張るのがしんどくなります。
胸が張れないため前胸部のあたりがつまることにより肩甲骨の辺りに違和感が出たり、腕がだるくなったり、しびれたりします。

しかも背中に疲れが溜まってくると次は腰に負担がかかります。
長い時間イスに座っていて立ち上がるとき腰が伸ばしにくいなんて経験ないですか?

体はこのように普段の生活の中で、いろんな場所に負担がかかり肩こりになるのです。
ですから肩こり治療は、肩だけではなく「背中」「首」「前胸部」これらを調整してあげることで改善されます。
肩だけの治療では不十分なんです。

肩こり治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

肩こりや腰痛のご相談はFMラジオでもお答えしています

通常、整骨院に肩こり腰痛相談をされる時は

①直接、整骨院へ来院
②整骨院への電話
③お問い合わせフォームから質問

の3ルートかと思います^^

しかし、たかま鍼灸整骨院では、この他に『ラジオ』を使って、
肩こりや腰痛などのご相談にお答えしていることをご存知ですか?
院長は地域FMのパーソナリティとして番組を持っていて、
番組内でリスナーの相談に答えて行くという事もやっております^^

「たかま鍼灸整骨院のホンネの時間」というそのままの番組名ですが。
月1回の放送なんで、皆さん忘れてしまうらしいです(笑)
「たかま鍼灸整骨院のホンネの時間」は
毎月第2木曜日 21:00からならどっとFM 78.4Mhzでお聴きいただけます^^

ラジオをお持ちでない場合も、インターネット放送もやっていますので
ならどっとFMのホームページからパソコンでお聴きいただく事も可能です!

ならどっとFMのホームページはこちら → ならどっとFM
左上の「インターネットサイマルラジオ」というバナーをクリックしていただくと
パソコン・スマホからお聴きいただけます^^

番組へのご質問は
メール: 784@nara.fm までお送りいただければ番組中にお答えできます!
ほぼ生放送ですので、リアルタイムで!
またペンネームでご質問いただけますよ!

なかなか整骨院に行くタイミングが。。。。。
という方、ラジオの方もご利用下さいませ^^

スクリーンショット 2013-07-09 16.09.33

肩こりや腰痛のご相談なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり腰痛の相談ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

肩こりにストレッチや腕立て伏せは効果あるの? 

udetate_man

肩こりを治すには、ストレッチ腕立て伏せなどの運動をすればいいですか?とよく質問されます。

しかし、残念ながらストレッチや腕立て伏せは、肩こりを治すどころか悪化させる危険性すらありますので、まったくオススメできません。

ストレッチや腕立て伏せで肩こりが治らない理由

肩こりは、前かがみの姿勢を長時間続けることで首から肩の筋肉が伸ばされ、さらに疲労で正しい働きができなくなり、循環が悪くなることが原因です。

その伸びきって疲労してる筋肉をストレッチでさらに引き伸ばしたり、無理に腕立て伏せをしても回復はしてくれません。
筋肉は縮むことが働きなので、それを無理やりストレッチで伸ばすことは、疲労している筋肉を痛めつけていることになります。

また肩こりの辛さを感じる箇所と肩こりの原因となっている箇所は違います。
ですので腕立て伏せをするだけでは、症状が改善されるどころか悪化させることになってしまいます。

自分でできる肩こり解消法

自分で出来る肩こり解消法としては、背中の筋肉を縮めるように背伸びをする。
または、大きく肩を回したり、あまりにも辛い時は冷やすのも効果的です。

それでも辛い時は、しっかりと治療することをお勧めします。

ただし肩こりで炎症しているのにマッサージをすると、さらに炎症が悪化してしまうのでオススメできません。

肩こりは、適切な治療で治せるものです。
肩がこったらマッサージをするという悪しき習慣から一刻も早く抜け出してください。

肩こり治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。



肩こりのつらい症状の原因は?

肩こりの原因は、肩こりの辛い症状を感じているところにあるわけではありません。
実は、肩こりの原因は、首の付け根の前側にあります。
この部分を治療してあげないかぎり、肩こりの辛さからは開放されません。
肩こりの辛い部分ばかりを治療していても効果がないのです。

肩こりの原因があるのは、「斜角筋隙」と呼ばれる場所です。
首の前の部分で鎖骨の上にあります。imgres
この部分は血管、神経の通り道です。
この部分が正常な場合は血管、神経の通る空間が保たれているので、流れがスムーズに確保されています。

もしこの部分に異常をきたし、空間が狭まったらどうなるでしょう?
当然のことながら血管、神経は圧迫され流れが滞ってしまいます。
この流れが滞った状態が肩こり特有の不快感、圧迫感の原因なのです。

この斜角筋隙を狭める要因としては、
この部分を構成している筋肉の緊張、肋骨、頚椎の異常が上げられます。
これらを治療してあげることが肩こりの不快感、つらさを取り除くことにつながります。

肩こりなら奈良市たかま鍼灸整骨院にお任せください

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。