むちうちが通常の首が痛い症状のように治らない理由はコレ!

むちうちも首こりも首が痛いのは一緒でしょ?」という方もいますが。むちうちと首こりなど通常の首が痛いという症状とは全く違うものだと覚えておいて下さい。
ムチ打ちがなかなか治らない理由と、症状としては「ムチ打ち>首こり」であることの解説をします。


首こりなど通常の首が痛い症状の場合

むちうち 首が痛い

首こりも首が痛くて辛いですし、色々な原因がありますが「ある程度の時間」がかかって首こりを起こしている場合が多いです。

例えば、体が左右に傾いている場合で説明します。
前後でも起きますが、イラストの都合で左右です。
イラストの場合、首が左に傾いていますよね?
右の首の筋肉が、左に比べて引っ張られています。

これで首こりを引き起こしているとすると、急には起こらないことになります。
こういうバランスの崩れや歪みはある程度時間をかけて起こります。
さらに首だけではなく背中など広い範囲で、少しづつ歪みを起こします。


むちうちの場合

むちうちの場合は、「衝突」という外力によって、一定の部分に集中して力が加わります。
動画を見てもらえれば分かると思いますが、衝突してエアバッグが開いた後に急激に首が後ろへ動いていますよね?

 
 
エアバッグのおかげで前への動きは少なくなってきていますが、後ろへの跳ね返りを抑制するのは技術的にまだ難しいようです。

 

むちうちと首こりの違い

首こりは慢性ある程度の時間をかけ広範囲な前後左右などの歪みによって、首に負担がかかって起きる。

むちうちは急激に集中した範囲へ、前後左右への事故の外力がかかって起きる。

一概に比較は難しいですが、「首こり」と「むちうち」では、圧倒的に「むちうち」の方が治りにくいケースが多いです。
重いムチ打ち>重い首こり>軽いムチ打ち>軽い首こり、の順番になりますが、軽いムチ打ちより重い首こりの方が症状が重い場合もあります。

さらにムチ打ちは追突事故だけではなく「スノーボード」「スキー」「ラグビー」「ボクシング」などで急激に大きな力がかかった時にも発生するので間違えないで下さい。

足の捻挫なども早く治療した方が早く治りやすいですが、ムチ打ちも慢性期になってからでは治りがとても遅くなります。
急性期から骨や筋肉の専門家による正しい治療を行うことが、ムチ打ちを早期に治す為に必要な条件の一つです。
「湿布と薬ではなかなか治らないな。。。。」と思ったら、できるだけ早くに「まずはご相談」を下さい!


むちうち治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、むちうち治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669


「整骨院なのに保険が使えないの?」と言われればやっぱり心が痛む

「ここも整骨院なのに保険が使えないんですか。。。。
前の整骨院では同じ症状で保険が使えてたんですが。。。。」

うーん、痛い。
心が痛い。

私だって、保険が使えるものなら使ってもらいたい。
保険を使いたくないからとか、面倒だから意地悪をしているわけでもない。

整骨院の保険は「療養費」という医療保険の別枠。
近頃は「保険が厳しいから」という言い方もあるようだけど、実は元々緩い訳でもないのです。


整骨院 保険

(参考)整骨院で保険が適用になるもの

・整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

※単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。


引用 厚生労働省 「柔道整復師の施術を受けられる方へ

・急性の怪我であるもの

・4W1H(いつ・どこで・どの部分を・どうしたら・どうなって)で怪我をした

・通勤中や仕事中でないこと


整骨院の保険は、厚生労働省の通知・通達でこれだけの「制限」が付けられています。
整骨院が勝手に「適用できるかどうか?」を決められる訳ではないのです。
『医療人として与えられたルールは必ず守る』
人様の体を預かる上で、当たり前のことです。
「治療はきちんとしますが、保険は適当に使っておきます」なんて通用する訳がない。
分かって下さい。

「前に肩こりで保険が使えた」というお話を否定する気はありません。
でもルール上、「肩こりに保険は使えない」のです。
治療はきちんとしているが、患者さんの知らない所で「不正請求」に巻き込む。
そんな事態は、絶対にたかま鍼灸整骨院(接骨院)では起こらない。

「保険が使えないのですか・・・・」と言われればもちろん心が痛いです。
もちろんルールに沿って、保険が使えるものには使います。
でも悪いことをしてまで、仕事をするつもりはありません。
なんでも保険が使える不思議な整骨院ではありませんが、できる手段は全て使って治療をさせていただきます。


保険や料金の詳細はコチラ

整骨院の保険と病院の保険の違い

整骨院や接骨院で「保険取り扱い」と書いてあるところがほとんどですが、
実は、病院の保険とはずいぶん違うものってご存知ですか?

「整骨院で保険が利かないって言われてん( *`ω´)」
って方が結構いらっしゃるので、今回は整骨院の保険と病院の保険の違いについて
簡単に説明します。


hokensyou

病院など、医師にかかった時の保険は「医療保険」と言います。
肩こりだろうが、腰痛だろうが何でも保険で診てもらえます。

「整骨院も保険取り扱いって書いてるし」というあなた。
ですよねー。
実は整骨院で保険と言われているのは「療養費」というものです。

療養費について詳しいことはこちらでご覧ください→療養費(健康保険ガイド|全国健康保険協会)

療養費は医療保険の特例部分で
「やむを得ない事情で、保険医療機関で保険診療を受けることができず、
自費で受診したときなど特別な場合」
に支給されるものです。
一旦、全額負担をしてから後で支給されるのが通常の扱いです。

これを見れば、整骨院は「保険医療機関」ではないと言うことになります。
「旅行先で保険証を持っていなくて受診した」場合はやむを得ない場合ですよね。
あとは「生血代(輸血など)」、「装具代(コルセットの製作など」がこれに当たります。

「でも整骨院でも全額負担じゃなくて、病院みたいに一部負担金だけ払ってるよ?」
というあなたはさすがです。

保険証を出して医師の診察を受ける場合は「現物給付」といって
窓口で一部負担金を支払う方式です。
後の7割は病院が保険請求をして、支払いを受けます。

整骨院で保険を使う場合も病院の窓口と同じような扱いですが、患者さんが一旦全額を支払わなくて良いように
「あたかも現物給付」という扱いになっています。
「窓口で病院みたな支払いにした方が、患者さんが便利でしょ?」という理由です。

簡単に保険の違いをお話ししました。
次回は肩こりや腰痛で病院と整骨院に行った場合、どう違うのか?をお伝えしたいと思います。


めまいも”むちうち”のせいですか?

むちうち 頭痛

『追突されて”むちうち“って言われてから、めまいがし始めたんだよね。。。』
これは単なるめまいなんでしょうか?

「むちうちになると痛みが出る」という方がほとんどです。
ひどくなると、病院で頸椎カラーなるもので固定している方を見た方も多いのではないでしょうか?

しかし、中には痛みを訴えないむちうちの患者さんもおられます。
ここで大切なのは「今、首に痛みが無いからむちうちではない」というのは間違いだという事です。


むち打ちなのに痛みを感じない2つのケース

①首の痛み以上に辛い症状が他の場所にある場合

めまいや吐き気、不眠、頭痛、肩の張り、肩甲骨間の引きつれなど、
首の痛みより、他の症状が勝ってしまっている場合がこれに当たります。

吐き気止めや痛み止めだけで対処を続けると、治療が出来るタイミングが遅くなってしまいます。

また治療を続けていくと、首の痛みを感じるようになってくる場合がほとんどです。
ですのでめまいや頭痛、吐き気への治療だけでなく、頚部の治療も継続して行なう必要があります。


②首の筋肉・靭帯などへの負担が比較的少なかった場合

全く痛みが無く、他に症状が無い場合は比較的軽症のむちうちだったと考えられます。

ですが、痛みは無いがめまいや頭痛、手の痺れ、肩甲骨間の引きつれなど
別の場所に症状がある場合は、「むちうちの症状=むちうち症候群」と判断しなければなりません。

手の痺れは神経の出口に負担がかかり、めまいは上部頸椎に負担がかかった症状です。
特に痺れは早期に治療を開始しないと、なかなか治らなくなってしまいますので要注意です。

むちうちは痛みだけではなく、吐き気・めまい・耳鳴りなどの症状も引き起こします。
痛みが無いからむちうちでは無い、と思わないで下さい。

①は痛みがあるので治療の機会が多いですが、
②の場合は「痛みが無い」ので、むちうちに対する治療の開始が遅くなる傾向にあります。
追突などの交通事故に遭ったのに、首の痛みが無い場合は特に注意が必要です。


むちうち治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、むちうち治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でのご予約をお願い致します。
0742-27-4669


むちうちになってすぐの「急性期」にしてはいけないこと

むちうち

追突事故などで”むちうち”になってしまった直後、
いわゆる「急性期」は、その後の治り具合を大きく左右する重要な時期です。

しかし事故直後は、病院に行ったり、保険会社とやり取りをしたり、車の修理の手配をしたり。
被害者さんは、非常に「忙しい」状態になってしまいます。

そりゃ、病院に行って骨に異常はありませんと言われているんですから、
「薬を飲んで湿布を貼っていたら治るだろう」と思われるのも無理はありません。
でも、われわれ治療家から見たら、とんでもないことをされている方もおられます。


むちうちの急性期にしてはいけないこと

  • マッサージ・・・グリグリとマッサージはダメ!
  • 温める・・・お風呂でじっくり温めてはいけません!
  • ストレッチ・・・怪我している場所を引っ張ってはいけません!

むちうちの急性期は「冷やす」ことが基本です。
たかま鍼灸整骨院では、特殊な機器を使って、保冷剤や氷では冷やせない深さまでアイシングしています。

むちうちになってしまったら、病院だけではなく、専門知識と専用の治療機器を持つ整骨院にも相談されることをお勧めいたします。


むちうち治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、むちうち治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でのご予約をお願い致します。
0742-27-4669



「雨が降るとむちうちがひどくなるんですが。。。」

なぜ、が降るとむちうちの症状がひどくなるのでしょうか?
それは天気と気圧の関係なのですが、詳しく説明します。


天気と気圧の関係

気圧は通常、1気圧1013hPa(ヘクトパスカル)です。
体の内側からも1気圧の力で押し返していますので、人が気圧に押しつぶされることはありません。

晴れの日は良いんですが、天気が悪くなるとどうでしょう???
天気が悪くなると1013hPa以下、つまり1気圧以下に気圧が下がります。
そうすると『気圧<体の中から押す力』になります。


気圧による体の変化

ポテトチップスの袋を富士山の頂上に持って行くとパンパンに膨らみます。
あの状態も「気圧<ポテトチップスの袋の中から押す力」になります。
ちょうど良い動画があったので、参考にして下さい。
台風が通過する前から通過後までのポテトチップスの袋の変化です(1.5倍速がオススメ)




つまり『雨が降る=気圧が下がる=体の内側から押す力が強くなる』ということと同じになります。
体は内側から押されると腫れた状態と同じ反応を示します。
これが「雨が降るとむちうちがひどくなる」正体です。

特にむちうちなどの場合は、気圧に敏感に反応しますので、
筋肉・筋膜の圧を下げるような調整が必要です。
こういう時にマッサージをすると、圧がかかって余計に炎症が起きますので
後遺症を残さない為にもきちんとした治療が必須です。

天気によって、むちうちの症状に変化がある場合は、お電話かメールでたかま鍼灸整骨院へご相談ください。


むちうち治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、むちうち治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669


奈良ではどんな交通事故が多いんでしょうか?

051

奈良県は他県に比べて交通事故の発生は少ないようですが、
どんな交通事故が起きているのでしょうか?
気を付けないといけない時間帯などを知っておく事で、
事故に遭う確率を少しでも減らせるかも知れません。

平成26年の統計から拾っていきましょう(死亡者数は記載していません)
奈良県警察交通事故発生状況、を参考にしています

まず、奈良市の事故の発生状況です。
事故数は1257件→1544件へ22.8%増加しています
負傷者は1584人→1949人と365人増加しています。
しかし重傷者が162人→134人へ減少しています。

負傷者が増加している中、重傷者が減っていますので軽症者の人数が大きく増加しています。
県全体の事故数が5868件ですので、奈良県の事故のうち26%が奈良市で発生している事になります。

県内では6月と7月に事故が多く発生しています。
時間帯では8時から10時、16時から18時に多く発生しています。
高齢者の負傷者は全体の17%ほどで、怪我をされた方の5人に1人は高齢者です。
子供が関係する事故では自転車、歩行中の順で多く16時から18時に多く発生しています。
これだけでも気をつけないといけない事がいくつか出てきます。

また飲酒運転の追突事故は避けようがありませんが、未だに70件発生しています。
飲酒運転での事故がこんなに発生しているのはやりきれません。
交通事故は被害者になると治療もしなくてはいけませんし、
仕事や生活にも多大な支障が出ます。

むち打ちなど、交通事故の被害に遭ってしまった場合は
出来るだけ早い社会復帰に向けて治療を行なわないといけません。
まずは治療が最優先ですが、ある程度治療可能な時間は限られています。
  ↓
参考記事 むちうちの通院期間3ヶ月の罠

交通事故に遭われた場合は、病院や整骨院で、早めに治療を受けることが大事です。
ただし、むちうちなどの交通事故治療は、高度な専門治療が必要になりますので
治療院を選ぶ際は、実績のあるところに通ってください。


交通事故によるケガの治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、交通事故治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669






整骨院の保険ってどうなってるの???

整骨院保険取扱については、通っていても良く知らない方が多いんではないでしょうか???
「保険」とは言いますが、正式には『療養費』といいます。
病院で使える医療保険とは少し性格が異なります。

hokensyou

療養費は、保険医療機関で保険診療を受けることができず、自費で受診したときなど特別な場合には、その費用について支給されるものです。

例えば、

  • 保険証の切り替えなどで手元に保険証が無い場合
  • 輸血を受けたとき
  • 医師の指示でコルセットなどを作った場合、などなど。

柔道整復師による施術にもこの療養費が適用されています。

ほんとは保険保険って言っちゃいけないんですが、分かりにくいので保険って言ってます。
療養費の支払いについてはきちんとした基準があります。
「療養費の支給基準」という本に掲載されていますが、全てそのルールに従わなければいけません。

整骨院では肩こりに保険が効きませんとか色々書いてあります。
(抜粋:単なる肩こりや筋肉疲労に対する施術は療養費の支給対象外であること)

はりきゅうやマッサージの保険=療養費についても掲載されています。
整骨院で療養費(保険)が使えるのは
急性または亜急性の、原因のはっきりした怪我となっています。
急性の怪我をしても、「いつどこでどんな風に怪我をした」が分からなければ対象外です。

もちろん肩こりや「慢性」の腰痛も支給されません。
骨折・脱臼ではあまり整骨院に行かないので、
現実的には保険が利くのは捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)のみです。
捻挫や挫傷にしても、柔道整復独特の理論があるので分かりにくいし。。。

となっているのに
「(前の整骨院では)そんな細かいことは言われなかった。肩こりでも何でも保険でやってもらっていた!」
という患者さんがたまーにいてはります。

整骨院では療養費を使った施術と自費施術は一緒にできますので
肩こりで整骨院に行っているからといってそれだけでアウトではありません。
もし支給対象外なのに保険=療養費が適用されていた患者さんがおられたとしたら、
なにかの間違いだったか、患者さんが説明を全く聞いていなかったという理由であることを祈ります(笑)


奈良市たかま鍼灸整骨院

奈良市で、鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669


交通事故の治療費で健康保険を使うデメリット

前回の記事では、交通事故による治療費の支払いに、健康保険を使った場合のメリットをお伝えしましたが、今回はデメリットもご確認ください。

病院で治療を受ける場合は、健康保険でも治療内容は変わりません。
整骨院で治療を受ける場合は、少し病院と違ったところがあります。

たかま鍼灸整骨院院長 大山

病院の費用設定(労災除く)では
通常の健康保険の場合・・・1点10円
交通事故で健康保険を使った場合・・・1点15〜20円
なので単価が1.5倍〜2倍程度になるだけです。
「病院での治療なら、健康保険を使っても治療内容が変わりません。」と書いたのはこれが理由です。

一方、整骨院の費用設定では病院と全く変わってきます。

  通常の健康保険の場合・・・厚生労働省が決めた料金設定、になりますが

  交通事故の場合は
   ・自賠責保険を使った場合・・・・労災保険に準じた設定
   ・健康保険を使った場合・・・・厚生労働省が決めた料金設定、となります。

あれ?

病院では健康保険の単価が1点当たり1.5倍〜2倍になるだけでしたよね?

整骨院の場合は
 ・健康保険の料金
 ・労災基準の料金、の2つが出てきました。

ここが、病院と整骨院の大きな違いとなります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

整骨院で交通事故治療を健康保険で受けると
→通常の保険治療と全く同じ治療内容になります(病院のように1.5倍とか2倍にはなりません)

整骨院で交通事故治療を自賠責保険で受けると
→保険治療より設定が高くなりますので、鍼灸治療や特殊電気治療、整体など全く違う治療を行なうことも可能になります。
(たかま鍼灸整骨院での扱いですので、治療内容はそれぞれの整骨院で決められています)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「早く仕事に復帰したい」
「できるだけ早く症状を改善したい」
などのご希望については自賠責保険での交通事故治療をお勧めしています。
相手が分からない、ケガがひどいが相手が任意保険に入っていないなどの事情を除けば、たかま鍼灸整骨院では鍼灸などを併用して治療できる自賠責保険を使っての交通事故治療をするべきだと考えます。


交通事故による治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、交通事故治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669


交通事故の治療費で健康保険を使うメリット

交通事故にあってしまい治療費を支払う時にも、健康保険が使えます。
「交通事故=自賠責保険」というイメージがあるでしょうが、ここでは健康保険を使って治療を受けることでのメリットをお伝えしたいと思います。

051

まず、追突事故に遭ってしまった場合など治療に健康保険を使う時は、国保や組合、共済など、ご自分の加入している保険者に事前の届け出が必要です。

これは「第三者行為の届け出」と呼ばれるものです。
健康保険は基本的に自分以外の第三者にケガをさせられた場合には使えませんので、「第三者によるケガですが健康保険を使います」という届け出が必要になります。

さあ、これで健康保険が使えるようになった訳ですが、メリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 相手が任意保険に入っておらず、自賠責のみで賠償が行なわれる場合、自賠責では傷害部分の支払い限度額は120万となっています。
    治療費を低額に抑えることで、慰謝料などの枠を確保できることになります。
  • 窓口の支払いを低額に抑えることができる。
    通常通り、三割または一割(二割)の負担を支払えば良いので、
    一時的にしろ支払う金額を少なくすることができます

『交通事故では、健康保険は使えません』と言われることもあるようですが、判例でも厚生労働省の通達でも「使える」とされていますのでご確認下さい。

ここまで、交通事故の治療費に健康保険を使って支払うメリットについてお伝えしましたが、健康保険を使うことによるデメリットも存在します。
医師による治療では、そこまで大きな違いはありませんが、整骨院で治療を受ける場合、健康保険扱いと自賠責扱いには治療に「大きな違い」があることをご存知でしょうか?
デメリットに関しましては、下記の記事で解説しています。
交通事故の治療費で健康保険を使うデメリット


交通事故治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、交通事故治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669