頭痛持ちで「あくびをすると顎が痛い」なら顎関節症が原因かも

普段から頭痛持ちで「あくびをすると顎が痛い」という方は、まず原因として顎関節症を疑ってください。
頭痛と顎が痛いのは、一見関連が無いように思われますが、実は繋がっているんです。


あくびをすると痛い顎関節症と頭痛の意外な関係とは?

顎の関節は、口を開け閉めするための構造をしています。
物を食べる(咀嚼といいます)、発語をするなど口の開け閉めに関する機能が備わっています。

口を開け閉めし、物を噛むためには4つの代表的な筋肉があります。
実は、この「噛むための筋肉」に、顎関節症と頭痛の意外な関係がありました!


顎関節症に関連する4つの筋肉とは?


あくび,顎が痛い,顎関節症,原因,頭痛

噛むための筋肉は、咀嚼筋群と呼ばれる下記の4つの筋肉から構成されています。

・咬筋
・外側翼突筋
・内側翼突筋
・側頭筋

咬筋、外側翼突筋、内側翼突筋は顎関節の周辺にある筋肉ですが
側頭筋は、こめかみから頭の横に広がる筋肉です。
文字通り側頭にあり、顎関節の動きと関連しています。

あくび,顎が痛い,顎関節症,原因,頭痛

https://ja.wikipedia.org/


頭痛の時、こめかみを押さえたりしませんか?
これが、顎が痛い!と言われる顎関節症と頭痛を結びつける重要な筋肉なんです。

一般的な顎周辺のマッサージ・マウスピースで顎関節症が改善しない方は、この側頭筋に対しての治療が不足していることが多いです。

また、側頭筋が硬いままだと、偏頭痛の原因になり筋緊張性頭痛を引き起こす原因にもなります。

たかま鍼灸整骨院(接骨院)では、4つの筋肉へしっかりアプローチし、顎関節症の原因の本丸でもある「頚椎の歪み」まで治療することができます。
顎が痛い!という方は、4つの筋肉と「頚椎の歪み」から顎関節症を治療できる当院までご相談ください。


顎関節症の治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、頭痛と顎関節症の治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669






首痛をともなう頭痛

頭痛だけならまだしも、首痛まで一緒に出ると本当に辛いですね。

慢性頭痛の種類は、大きく分類すると下記の3つです。

  • 拍動性頭痛
  • 筋緊張性頭痛
  • 群発頭痛

あとは脳に原因がある場合や、薬剤過多による頭痛というものがあります。
普段、そんな難しい分類をされている方は少ないので、
ここでは「病院で異常が無かった頭痛」について書きたいと思います。

首痛をともなう頭痛を、ここでは”頸椎性頭痛”とでも呼ぶことにします。
この場合は一般的な頭痛の分類から外れた頭痛である事が多いのです。


頸椎性頭痛の特徴

  • 拍動性では無いのでズキズキという拍動で起こる痛みはない
  • 筋緊張性ではないので痛い所を押しても痛くない
  • うなじ〜耳の後ろ辺りを押さえていることが多い
  • 痛み止めの薬が効きにくい

頸椎性頭痛は、頸椎の上部の歪みで頭痛が起きている場合がほとんどです。
下の動画で確認していただける部分を押すと、ゴリゴリしていたり
左右で出っ張り方が違ったりすることで判断できます。

このタイプは首の歪みが原因なので、痛み止めが効きにくいです。
なぜかと言うと痛み止めで頸椎の歪みは治らないからです。

頸椎の歪みがあると肩こりにも関係しますので、
肩こりから来る頭痛へも影響が出やすくなります。

下記のような場合は、頸椎性の頭痛を疑ってみましょう。
高度な矯正技術を持つ整骨院であれば、上位頸椎の矯正が可能です。

  • お医者さんに異常がないと言われた
  • 痛み止めの薬が効きにくい、効くのに時間がかかる
  • 動画の場所を押すと左右で出っ張りが違う
  • 動画の場所を押すと左右で痛みが違う