交通事故の治療費で健康保険を使うメリット

交通事故にあってしまい治療費を支払う時にも、健康保険が使えます。
「交通事故=自賠責保険」というイメージがあるでしょうが、ここでは健康保険を使って治療を受けることでのメリットをお伝えしたいと思います。

051

まず、追突事故に遭ってしまった場合など治療に健康保険を使う時は、国保や組合、共済など、ご自分の加入している保険者に事前の届け出が必要です。

これは「第三者行為の届け出」と呼ばれるものです。
健康保険は基本的に自分以外の第三者にケガをさせられた場合には使えませんので、「第三者によるケガですが健康保険を使います」という届け出が必要になります。

さあ、これで健康保険が使えるようになった訳ですが、メリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 相手が任意保険に入っておらず、自賠責のみで賠償が行なわれる場合、自賠責では傷害部分の支払い限度額は120万となっています。
    治療費を低額に抑えることで、慰謝料などの枠を確保できることになります。
  • 窓口の支払いを低額に抑えることができる。
    通常通り、三割または一割(二割)の負担を支払えば良いので、
    一時的にしろ支払う金額を少なくすることができます

『交通事故では、健康保険は使えません』と言われることもあるようですが、判例でも厚生労働省の通達でも「使える」とされていますのでご確認下さい。

ここまで、交通事故の治療費に健康保険を使って支払うメリットについてお伝えしましたが、健康保険を使うことによるデメリットも存在します。
医師による治療では、そこまで大きな違いはありませんが、整骨院で治療を受ける場合、健康保険扱いと自賠責扱いには治療に「大きな違い」があることをご存知でしょうか?
デメリットに関しましては、下記の記事で解説しています。
交通事故の治療費で健康保険を使うデメリット


交通事故治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、交通事故治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669


交通事故対応マニュアル

これまで交通事故治療を頑張ってきましたが、ついに本人が事故に遭ってしまったので、この際、交通事故対応マニュアルを作ることにしました。

そんなたいそうな事故ではありませんでしたが、久しぶりに事故の当事者になったので色々と確認してみました。
車対バイク、救急車を呼ぶほどではない交通事故という前提です。

交通事故時の対応の流れ

交通事故にあってしまった際の対応を順に説明していきますね。
  1. (1)事故に遭った時は、必ず警察を呼びましょう。
    もし警察官が「救急車呼ぶ?」と言ったら呼んだ方が良いです。
    救急車に乗らない場合、まずは物損で処理されてしまいますので。
    後日、警察から「人身にするかどうか」の連絡がありますので、痛い所がある場合は(2)に進んでください。
    それから車やバイクに「自賠責保険の証券」が積んであるか、今一度確認しておきましょう。
    どうしても見つからない場合は、再発行しておかなければなりません。

  2. (2)病院に行きましょう
    夜間や時間外に事故に遭ったとしてもできるだけ病院に行きましょう。
    「できるだけ早い受診」がポイントです。
    夜間でしたら1〜2万円の預かり金になりますが、事情をきちんと話せば対応してくれるはずです。

  3. (3)自分の任意保険に事故の報告をしましょう。
    搭乗者傷害などの特約について説明や資料を送ってくれるので報告をしましょう^^
    自分の任意保険ですから、あなたの味方ですのでご安心を^^

  4. (4)修理が必要な場合は、車屋さんやバイク屋さんに連絡しましょう。

とりあえず通常はこんな感じです。
今回は、「弁護士特約」を使ってみましたので、次回はその手続きについて書きたいと思います。

ちなみに写真は、事故直後の自分のバイクです( ゚д゚ )

奈良市で交通事故対応に詳しい整骨院

奈良市で、交通事故にあった際の対応に詳しい整骨院鍼灸院接骨院交通事故治療を受けるなら、近鉄奈良駅から徒歩3分の『たかま鍼灸整骨院』へお問い合わせください。

”交通事故専門治療”って書いてある整骨院なら安心?

交通事故治療

他院で交通事故専門治療を受けられたはずの方が、
「これってむちうちの後遺症かな?」と来院されることがあります。
時間が経ってしまうと、むちうちの後遺症なのかどうか分からないですよね。

後遺症かも知れないし、ちょっとだけ残った後遺症に何かの負担がかかったのか、
もしかするとむちうちは、関係ないかもしれません。
むちうちの時にどんな治療をしたか?によっても変わりますしね。

交通事故の治療って、もっとも高い技術が必要とされるんです。
ですが「交通事故専門治療」って国家資格とかじゃないので、
どんな整骨院でも自称できてしまいます。

当然ですが、適切でない治療を受けると後遺症の確率は上がります。
でも適切な治療を受けているのかどうかなんて患者さんには分からないですよね。
「交通事故専門治療」と掲げている整骨院は多いですが、
何をもって専門なのか分かりませんし、保険会社の言いなりになって、
まだ完治していないのに治療を打ち切る所もあります。

大々的に「交通事故専門治療」を宣伝している治療院から転院された方に聞いても
特に通常の保険治療と違う、いわゆる『専門治療』を受けていた様子もありません。
どこも柔道整復師という資格は同じなので判断材料も示しにくいし、
法律で広告制限もあるので、そもそも判断材料が示せないというのが実情です。

交通事故による後遺症に悩まれている患者さんが来院する度に
こういった現実に直面し悶々としますが、
当院に来てくださった方には、このような辛い思いはさせまいと
日々治療技術を磨き続けています。

奈良市で交通事故治療の実績で選ぶならたかま鍼灸整骨院

奈良市で、交通事故治療ができる整骨院、鍼灸院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅から徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお問い合わせください。


交通事故について弁護士さんに聞いてきました その2

今回は、交通事故について弁護士さんに聞いてきました その1の続き、第2回になります。
前回の記事を読まれてない方は、上記のリンク先からお読みいただけますので、
まずはそちらからどうぞ。

私は、交通事故によるむち打ちは一律3ヶ月で完治(キリッ)by保険会社
交通事故に遭った時の味方は保険屋さん?など
交通事故によるむち打ちなどの治療について、いくつか記事を書かせていただいています。

もしあなたが交通事故にあったら

交通事故治療についての交渉や、示談交渉、ムチウチを治す為の通院などなど。。。
事故に遭ってむち打ちなどになってしまっただけでも大変なのに…
保険を使って治療するのが当たり前なのに、あなたの思い通りにいかない事だらけになります
その対応で精神的に辛い思いをされる事例をいくつも見てきました。

「手続きありきで被害者さんが置き去りになってしまっている」
「本当にそれで被害者さんの為になったのか?」
「保険会社の対応の中には憤りを感じる事がある」

今回、田中弁護士とお話をさせていただいても、
そのような僕と同じ思いをお持ちなんだなあと感じました。
また私が出来る事をもっと頑張らないと被害者さんの力にはなれないな、
と考えさせられたお話でもありました。

今回の動画も奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)とタッグを組んで被害者さんの為に
協力をしていただけることになった登大路総合法律事務所にお邪魔をして、
所長の田中啓義弁護士とお話をしてきました。

むちうちなどの交通事故治療や保険屋さんとのこんなやりとりで
困っている方なら、かなり参考になる内容だと思います。
整骨院鍼灸院への通院を認めてくれない。行くなら健康保険でと言われた」
「まだ症状があるのに治療の打ち切りを通告されている」
「保険屋さんがこちらの話を聞いてくれない」

では、4分ほどの短い動画ですので後回しにせずご覧下さい。

登大路総合法律事務所
奈良市登大路町5 修徳ビル1F
TEL 0742-23-8710 FAX 0742-23-8699

奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)なら交通事故専門の顧問弁護士がいます

奈良市で、交通事故専門の顧問弁護士がいる鍼灸院や整骨院、接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。