めまいも”むちうち”のせいですか?

むちうち 頭痛

『追突されて”むちうち“って言われてから、めまいがし始めたんだよね。。。』
これは単なるめまいなんでしょうか?

「むちうちになると痛みが出る」という方がほとんどです。
ひどくなると、病院で頸椎カラーなるもので固定している方を見た方も多いのではないでしょうか?

しかし、中には痛みを訴えないむちうちの患者さんもおられます。
ここで大切なのは「今、首に痛みが無いからむちうちではない」というのは間違いだという事です。


むち打ちなのに痛みを感じない2つのケース

①首の痛み以上に辛い症状が他の場所にある場合

めまいや吐き気、不眠、頭痛、肩の張り、肩甲骨間の引きつれなど、
首の痛みより、他の症状が勝ってしまっている場合がこれに当たります。

吐き気止めや痛み止めだけで対処を続けると、治療が出来るタイミングが遅くなってしまいます。

また治療を続けていくと、首の痛みを感じるようになってくる場合がほとんどです。
ですのでめまいや頭痛、吐き気への治療だけでなく、頚部の治療も継続して行なう必要があります。


②首の筋肉・靭帯などへの負担が比較的少なかった場合

全く痛みが無く、他に症状が無い場合は比較的軽症のむちうちだったと考えられます。

ですが、痛みは無いがめまいや頭痛、手の痺れ、肩甲骨間の引きつれなど
別の場所に症状がある場合は、「むちうちの症状=むちうち症候群」と判断しなければなりません。

手の痺れは神経の出口に負担がかかり、めまいは上部頸椎に負担がかかった症状です。
特に痺れは早期に治療を開始しないと、なかなか治らなくなってしまいますので要注意です。

むちうちは痛みだけではなく、吐き気・めまい・耳鳴りなどの症状も引き起こします。
痛みが無いからむちうちでは無い、と思わないで下さい。

①は痛みがあるので治療の機会が多いですが、
②の場合は「痛みが無い」ので、むちうちに対する治療の開始が遅くなる傾向にあります。
追突などの交通事故に遭ったのに、首の痛みが無い場合は特に注意が必要です。


むちうち治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、むちうち治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でのご予約をお願い致します。
0742-27-4669


奈良ではどんな交通事故が多いんでしょうか?

051

奈良県は他県に比べて交通事故の発生は少ないようですが、
どんな交通事故が起きているのでしょうか?
気を付けないといけない時間帯などを知っておく事で、
事故に遭う確率を少しでも減らせるかも知れません。

平成26年の統計から拾っていきましょう(死亡者数は記載していません)
奈良県警察交通事故発生状況、を参考にしています

まず、奈良市の事故の発生状況です。
事故数は1257件→1544件へ22.8%増加しています
負傷者は1584人→1949人と365人増加しています。
しかし重傷者が162人→134人へ減少しています。

負傷者が増加している中、重傷者が減っていますので軽症者の人数が大きく増加しています。
県全体の事故数が5868件ですので、奈良県の事故のうち26%が奈良市で発生している事になります。

県内では6月と7月に事故が多く発生しています。
時間帯では8時から10時、16時から18時に多く発生しています。
高齢者の負傷者は全体の17%ほどで、怪我をされた方の5人に1人は高齢者です。
子供が関係する事故では自転車、歩行中の順で多く16時から18時に多く発生しています。
これだけでも気をつけないといけない事がいくつか出てきます。

また飲酒運転の追突事故は避けようがありませんが、未だに70件発生しています。
飲酒運転での事故がこんなに発生しているのはやりきれません。
交通事故は被害者になると治療もしなくてはいけませんし、
仕事や生活にも多大な支障が出ます。

むち打ちなど、交通事故の被害に遭ってしまった場合は
出来るだけ早い社会復帰に向けて治療を行なわないといけません。
まずは治療が最優先ですが、ある程度治療可能な時間は限られています。
  ↓
参考記事 むちうちの通院期間3ヶ月の罠

交通事故に遭われた場合は、病院や整骨院で、早めに治療を受けることが大事です。
ただし、むちうちなどの交通事故治療は、高度な専門治療が必要になりますので
治療院を選ぶ際は、実績のあるところに通ってください。


交通事故によるケガの治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、交通事故治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669






交通事故の治療費で健康保険を使うデメリット

前回の記事では、交通事故による治療費の支払いに、健康保険を使った場合のメリットをお伝えしましたが、今回はデメリットもご確認ください。

病院で治療を受ける場合は、健康保険でも治療内容は変わりません。
整骨院で治療を受ける場合は、少し病院と違ったところがあります。

たかま鍼灸整骨院院長 大山

病院の費用設定(労災除く)では
通常の健康保険の場合・・・1点10円
交通事故で健康保険を使った場合・・・1点15〜20円
なので単価が1.5倍〜2倍程度になるだけです。
「病院での治療なら、健康保険を使っても治療内容が変わりません。」と書いたのはこれが理由です。

一方、整骨院の費用設定では病院と全く変わってきます。

  通常の健康保険の場合・・・厚生労働省が決めた料金設定、になりますが

  交通事故の場合は
   ・自賠責保険を使った場合・・・・労災保険に準じた設定
   ・健康保険を使った場合・・・・厚生労働省が決めた料金設定、となります。

あれ?

病院では健康保険の単価が1点当たり1.5倍〜2倍になるだけでしたよね?

整骨院の場合は
 ・健康保険の料金
 ・労災基準の料金、の2つが出てきました。

ここが、病院と整骨院の大きな違いとなります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

整骨院で交通事故治療を健康保険で受けると
→通常の保険治療と全く同じ治療内容になります(病院のように1.5倍とか2倍にはなりません)

整骨院で交通事故治療を自賠責保険で受けると
→保険治療より設定が高くなりますので、鍼灸治療や特殊電気治療、整体など全く違う治療を行なうことも可能になります。
(たかま鍼灸整骨院での扱いですので、治療内容はそれぞれの整骨院で決められています)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「早く仕事に復帰したい」
「できるだけ早く症状を改善したい」
などのご希望については自賠責保険での交通事故治療をお勧めしています。
相手が分からない、ケガがひどいが相手が任意保険に入っていないなどの事情を除けば、たかま鍼灸整骨院では鍼灸などを併用して治療できる自賠責保険を使っての交通事故治療をするべきだと考えます。


交通事故による治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、交通事故治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669


むちうちの通院期間3ヶ月の罠

交通事故でむちうちになってしまうと通院期間3ヶ月を超える傾向があります。
原因はいくつか考えられますが、病院以外の整骨院などでの治療を併用される患者さんが
まだまだ少ないということが挙げられます。

2014-03-13 21.38.46

病院で投薬や首の牽引、湿布をするだけで治るような軽いむちうちの方でしたら
問題ないのですが、重い症状の方ですと問題は複雑です。
なにせ病院に通われているわけですから
「このまま通院していたら治るだろう」
「医師に任せているんだから治らない訳が無い」と思われるのは当然だと思います。

でも1ヶ月、2ヶ月経過しても良くならない場合はどうでしょう?
通院期間というのはあくまで「期間」なので週に1回、
薬と湿布を出してもらっていると12回薬をもらうだけで3ヶ月が経過してしまいます。
途中で薬を代えたり、湿布の種類が代わったりはあるでしょうけど、
「7日分」と薬袋に書いてあれば毎日病院へ行く方は普通おられませんからね。

また、保険会社が良く使う文句で「そろそろ3ヶ月ですが・・・・」と言うのがあります。
あくまで3ヶ月は「通院期間」ですから、
そうこうしている間に治っていても、痛いままでも
保険会社さんから『3ヶ月経ったのでそろそろ治療を終わらせていただきたいのですが。。。』
と言われてしまう理由はここにあるのです。


むちうち治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、むちうち治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669


交通事故について弁護士さんに聞いてきました その6

交通事故で、むち打ちなどの症状になってしまった方のための
弁護士さんに聞くシリーズ」も今回で最終回となってしまいました。

ここまでで、私が一番お伝えしたかったことは、
整骨院での交通事故治療は、法的にも認められており、実際に有効かつ必要な治療である」
ということです。

もし、交通事故に遭ってしまったら、たかま鍼灸整骨院のホームページを思い出して下さい。
交通事故によるむち打ちなどで苦しんでいる方がいれば教えてあげて下さい。

最終回の動画では、保険会社の担当者さんに
「整骨院での治療は、健康保険で受けてください。」
とか
「整骨院は、一カ所だけなら通って良いです。」
といった法的に何の根拠もないことを言われた場合の対処法がテーマです。

今回の動画もたかま鍼灸整骨院(接骨院)とタッグを組んで、交通事故被害者さんの為に協力をしていただけることになった登大路総合法律事務所所長の田中啓義弁護士にお話を聞いてきました。
登大路総合法律事務所
奈良市登大路町5 修徳ビル1F




被害者さんの最終目標は、治療だけでなく「解決」です。
『たかま鍼灸整骨院』は、交通事故の治療から解決まで、被害者さんの側に立った全てのサポートができる数少ない整骨院だと自負しています。

もし何かお困りのことがありましたら、他の病院や整骨院に通っておられる方でも、遠慮なくお問い合わせフォーム、またはお電話でご相談ください。

むちうち治療のご相談なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、むちうち治療の相談ができる鍼灸院や整骨院、接骨院をお探しなら、
弁護士と提携している『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお問い合わせください。

「交通事故に遭ったら必ず医師の診察を受けましょう」の理由

交通事故に遭ったら必ず医師の診察を受けましょう」
交通事故でむち打ちになってしまった方なら、検索している時にこんな一文を見た事があるかも知れません。
ただ診察を受けなければいけない理由までご存知の方は、案外少ないのではないでしょうか?

交通事故によるむち打ち治療で医師の診察が必要な理由

交通事故治療を行なう時、保険会社さんは医師の診断書を元にお話をされます。
「え?でも整骨院でちゃんと痛い場所は言っていますよ?それで良いんじゃないんですか?」
そう思われる方もおられるでしょう。

しかし保険会社にしてみれば、医師の診断書が無いと医学的な判断が出来ないのです。
柔道整復師は医師ではありませんので、「診断書」の発行はできません。
診断書は医師にしか発行できないのです。

柔道整復師が発行できるのは「施術証明書」という書類ですが、施術証明書より医師の診断書が優先されるのは当然の事です。
なので医師の診察を受けていない場合ですと「医学的に痛い部位が証明できない」という事になってしまい、治療のハードルが高くなってしまいます。

それからもう一点。
医師の診察を受けて診断書が発行された際、気をつけないといけない非常に重要なポイントがあります。
そのポイントとは。。。。。

詳しくは動画で説明していますので、是非ご覧ください。

交通事故によるむち打ち治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、むち打ち治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。


交通事故について弁護士さんに聞いてきました その5

>交通事故に遭い、むち打ちなどの症状になってしまった方のための
弁護士さんに聞くシリーズ」も5回目になりました。

その4では弁護士特約についてのお話をさせていただきましたが、
今回は「弁護士特約なんて付けてないよー」というあなたに役立つ動画です。

参考までに、自賠責保険には弁護士特約はありません。
この特約は「被害者さんが加入している」任意保険の特約です。

もし、下記のようなケースで弁護士特約に入って場合、
被害者さんが自分で高額な負担をして弁護士さんに依頼しなければ
ならないのでしょうか?

(1)被害者さんが任意保険に入っていない場合
(2)任意保険に弁護士特約を付けていない場合
(3)たまたま年齢条件を満たさない人が運転していた場合
例えば35歳以上保障の保険で20歳の人が運転していた場合などが当てはまります。


弁護士特約に入っていない場合の解決策とは

実は、弁護士特約に入っていなくとも何とかする方法があります。
全ての被害者さんに適用される訳ではありませんが、
下の動画で説明させていただく流れを知っておいて損はありません。

治療が順調に進んでいる方でも、突然、保険会社から治療の終了を
宣告される場合があります。
もし「え??まだ治ってないんだけど。。。」という状態だった場合、
あなたならどうされますか?

1、たかま鍼灸整骨院に相談する
2、法律家に相談する
3、自分で粘り強く交渉する

気をつけていただきたいのですが、
「最初に法テラスには相談しないで下さい!!!!」

法テラスの利用方法についても動画で説明させていただきました。

今回の動画もたかま鍼灸整骨院(接骨院)とタッグを組んで交通事故被害者さんの為に
協力をしていただけることになった登大路総合法律事務所にお邪魔をして、
所長の田中啓義弁護士にお話を聞いてきました。

他の病院や整骨院に通っておられる方でも、遠慮なくお問い合わせフォーム、
またはお電話でご相談ください。

登大路総合法律事務所
奈良市登大路町5 修徳ビル1F
TEL 0742-23-8710 FAX 0742-23-8699

では動画をご覧下さい。

交通事故のご相談なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、交通事故治療の相談ができる鍼灸院や整骨院、接骨院をお探しなら、
弁護士と提携している『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお問い合わせください。

交通事故について弁護士さんに聞いてきました その3

今回は、交通事故について弁護士さんに聞いてきました その2の続き、
第3回になります。

その1はこちら➡交通事故について弁護士さんに聞いてきました その1

実際に交通事故に遭ってしまった方にお聞きします。
保険会社ときちんと交渉ができましたか?

もちろん常識範囲での要望をしなくてはいけませんが、相手は事故処理のプロです。
大半の方が、交渉にならず何も思い通りにならなかったのではないでしょうか?

「交通事故では整骨院に通えません!」
「整骨院に通っていただいて結構ですが、1ヶ月間だけになります」
「通常、むち打ちの方に対してはこういう対応をする事になっています」

もし、あなたがむちうちで苦しんでいるにもかかわらず、
こんな事を言われたらどうしますか?
本当に交通事故で受けたムチウチの治療は、整骨院に通えないんでしょうか?

今回の動画もたかま鍼灸整骨院(接骨院)とタッグを組んで被害者さんの為に
協力をしていただけることになった登大路総合法律事務所にお邪魔をして、
所長の田中啓義弁護士とお話をしてきました。

このインタビュー動画の内容を知っているだけでも、
保険屋さんにやり込められる事は無くなるでしょう。

「保険屋さんが、こちらの言う事をなかなか認めてくれない」
「通院も治療期間も保険屋さんが、全て指示してくる」

事故の被害者には、一体どういう権利があるのか?
あなたがもし治療や保険屋さんとの交渉で不満を持っておられるなら、
きっと参考になると思います。

では動画をご覧下さい。

他の病院や整骨院に通っておられる方でも、遠慮なく問い合わせフォーム、
またはお電話でご相談ください。
あなたが、たかま鍼灸整骨院(接骨院)への通院をされないとしても大丈夫です!
お気軽にご相談いただければと思います。

登大路総合法律事務所
奈良市登大路町5 修徳ビル1F
TEL 0742-23-8710 FAX 0742-23-8699

交通事故治療のトータルケアなら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、むち打ち治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

交通事故について弁護士さんに聞いてきました その1

交通事故について弁護士さんに話を聞いてきました。

今日からのシリーズは、交通事故で困っている被害者さんはもちろん、
同じように交通事故によるむち打ち治療の為に日々努力されている整骨院接骨院鍼灸院の先生にも
参考になる動画をお届けしたいと思います。

交通事故治療におけるサポートの限界

奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)では、交通事故に遭われた方へむち打ち治療とともに、
治療に関する保険会社さんとの交渉や早期回復の為に精神的なフォローを続けていますが、
どうしても手が出せない、お役に立てない「法律サポート」という範囲がありました。

私は弁護士ではありませんので保険会社さんとの直接交渉はできません。
出しゃばり過ぎると「非弁行為」で捕まってしまうかも知れませんし^^;
私なりに今まで取り扱った事例を元に助言という形や用語の説明でしか被害者さんの
お役に立つ事ができませんでした。

交通事故治療における法律サポート

交通事故治療における法律サポートでは、ずっと歯がゆい思いをしてきましたが、
やっと長年の夢が叶いました。
実は、交通事故事案ではお世話になってきた法律事務所と
「緊密な協力」をさせていただく事になったんです(´∀`)

交通事故に関して弁護士さんにインタビュー

今日からのシリーズでは、たかま鍼灸整骨院(接骨院)と協力させていただく
登大路総合法律事務所に伺い、所長の田中啓義弁護士に
交通事故についてお話いただいた内容をお伝えしていきます。

詳しくは動画をご覧下さい。

登大路総合法律事務所
奈良市登大路町5 修徳ビル1F
TEL 0742-23-8710 FAX 0742-23-8699

交通事故の法律サポートもできる奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)はこちら

奈良市で、交通事故の法律サポートもできる鍼灸院や整骨院、接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。
奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)なら、弁護士さんと提携していますので安心してご相談いただけます。

交通事故によるむち打ちは一律3ヶ月で完治(キリッ)by保険会社

交通事故によるむち打ちで治療されている患者さんには、
ぜひ気をつけていただきたいのですが、保険会社の担当者は
3ヶ月で治療を打ち切ろうとします。

むち打ちは、一律3ヶ月で完治するのか?

コツンと追突されても、60kmで突っ込んでこられても
むち打ちには変わりはありません。
当然、同じむち打ちでも重症の方もいらっしゃれば、
軽症の方もいらっしゃいます。

保険会社の担当者の中には、
「全てのむち打ちは3ヶ月程度で治るもんだ」と
言って来る人がチラホラいます。
なぜなら保険会社としては、事故から3ヶ月で示談したいから…

「ああ、3ヶ月経つと示談なんだなあ」という
刷り込みをしているようにも思います。
だって「3ヶ月で示談」や「3ヶ月で治療の打ち切り」については、
何の根拠も無いんですよ。

患者さん本人は、保険の仕組みを知らないので、
ひどい担当者になると示談を納得させる為に電話攻撃をしてきます。
色々呆れるような根拠を言われた方も多いですが、
抗議すると「そんな事は言っていない」とか
「そういう意味で言ったのではない」と逃げられたら終わりです。
痛いのに治療を打ち切られる=知らない者が馬鹿を見る。
こんな馬鹿らしい事はありません。

事故に遭ってしまったらこの「3ヶ月」を
有効に利用しておかなければなりません。
具体的に言うと
1、事故に遭ったら必ず医師の診察を受けること
2、定期的に医師の診察を受けておくこと
3、痛みを感じているところが診断書にきちんと記載されているか?の確認

この3点さえ押さえておけば、何とかなります。
あとは保険の担当者の言いなりにならず、
保険にも詳しい治療家に相談されることをお勧めします。

むち打ち治療で実績のある奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)はこちら

奈良市で、むち打ち治療と保険の相談ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。