実は「ぎっくり腰」の症状に定義なんてないんです

『腰痛の中でも「ぎっくり腰」は症状が重く、起き上がることもできない』というイメージを持たれていませんか?

「ぎっくり腰」というのは呼び名であって病名ではありません。
ぎっくり腰,腰痛,症状

筋筋膜性腰痛、とか急性腰痛症、椎間関節炎など色々な病名があります。
ある意味、ぎっくり腰は”自己申告の病名”だと言うことを覚えておいて欲しいんです。

  • 歩いて来院されて「ぎっくり腰みたい」と訴えればぎっくり腰です。
  • 起きることも寝返りも出来ないような腰痛も、ぎっくり腰です。

なので
「ぎっくり腰が1回で治った!」
「1回の治療で、翌日ゴルフに行けた!」
という事例がありますが、全部が全部の患者さんに当てはまる訳ではありません。
ぎっくり腰は簡単に治る、と思い込まないで欲しいのです。
どんなぎっくり腰(患者さん曰く)でも1回で治るんであれば、医者も手術も必要ないでしょう。
この世から腰痛患者さんはいなくなります。

ぎっくり腰,腰痛,症状

患者さんはぎっくり腰だと訴えても、軽度の急性腰痛なら1回で治ることもあるでしょう。
しかし軽度〜中度の腰痛でも内臓からきている腰痛だったらどうでしょう???
それこそ、治療院の出番ではなく早急に病院での受診が必要でしょう。

また、1回で治るぎっくり腰(患者さん曰く)は、どこへ行っても1回で治る率が高いでしょう。
5回治療が必要なぎっくり腰(患者さん曰く)は、どこへ行っても大体5回くらいは治療が必要でしょう。

ぎっくり腰(患者さん曰く)は辛いですが、腰痛治療のチャンスでもあります。
ぎっくり腰と言われる時は一番ひどい症状を表していますから、「なんとなく痛い」腰痛よりは治療計画が立てやすいです。
ぎっくり腰になってしまったのは残念ですが、計画を立てて腰痛の治療に本腰を入れるチャンスでもあります。
本音は、ぎっくり腰になる前のちょっと調子がおかしいなという状態の時に治療に来てもらえるのが一番ですが^^;
『ぎっくり腰を治す』だけでなく『二度と「ぎっくり腰」なんかにならないようにする』のが、たかま鍼灸整骨院(接骨院)の治療目的です。

ぎっくり腰治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、ぎっくり腰治療に実績のある鍼灸院整骨院、をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

同じような腰痛治療をするなら病院でいいんじゃないですか?

「よし!腰痛治療をしよう!」と思われた時、病院や鍼灸院、整骨院や整体などどれにしようか迷いますよね?

第一段階 何か病気や骨の異常があるといけませんから病院に行く事

「え?いきなり整骨院に行ってはいけないの?」と思われるかも知れません。
でも、「医師の治療が必要な異常があるかないか?」が重要で、レントゲンなどの検査は病院でしかできませんので”まず病院”という選択は正しいと考えています。

『病院でできる事』と『整骨院でできる事』をしっかり分けて考える事はとても大切です。
もちろん整骨院へ来ていただいて、病院へ行った方が良い場合は病院へ行っていただくよう説明をします。
「病院へ行った方が良いのか?」を判断するのも、整骨院の仕事です。

第二段階 病院で異常が無かった場合

温めたり、マッサージをしたり、牽引をしたり低周波の電気治療をするなら病院のリハビリ(その病院にあればですが)が良いでしょう。
整骨院でも電気を当てて、マッサージをして、牽引をして。。。。。
全く同じような治療なら、整骨院に行かないといけない大きな理由は無いです。
整骨院の方が待ち時間が少ない、マッサージが長い、先生が優しい、などで整骨院を選んでも良いですが。
それは腰痛の治療には関係ありませんので、自己判断となります。

第三段階 マッサージをしたり電気を当てても治らない場合

病院で行っていない治療を行っているのが、整骨院の強みだと考えます。
腰痛 病院
他の整骨院を全て知っている訳ではありませんが、たかま鍼灸整骨院(接骨院)に限って言えば、「鍼灸治療」や振動を使う「筋スラッキング」、カイロプラクティック、テーピング、冷却療法etc。。。。
これらは「病院では受けられないけど、たかまなら受けることができる」治療になります。

また、腰痛は腰だけ治療することが多いですが、たかまは全身のバランスや重心をメインに治療を行っています。
病院も様々な病院がありますが、整骨院も病院以上に様々な治療を行う整骨院があります。
患者さんに「こんなことができます」とお知らせできればわかりやすいのですが、法律で広告が制限されているのでそれも難しい現状です。
ご質問があれば、来院前でもお問い合わせ頂ければお答えします。

腰痛治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、腰痛治療に実績のある鍼灸院整骨院、をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

「整骨院なのに保険が使えないの?」と言われればやっぱり心が痛む

「ここも整骨院なのに保険が使えないんですか。。。。
前の整骨院では同じ症状で保険が使えてたんですが。。。。」

うーん、痛い。
心が痛い。

私だって、保険が使えるものなら使ってもらいたい。
保険を使いたくないからとか、面倒だから意地悪をしているわけでもない。

整骨院の保険は「療養費」という医療保険の別枠。
近頃は「保険が厳しいから」という言い方もあるようだけど、実は元々緩い訳でもないのです。

整骨院 保険

(参考)整骨院で保険が適用になるもの

・整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。
なお、骨折及び脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

※単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。

引用 厚生労働省 「柔道整復師の施術を受けられる方へ

・急性の怪我であるもの

・4W1H(いつ・どこで・どの部分を・どうしたら・どうなって)で怪我をした

・通勤中や仕事中でないこと

整骨院の保険は、厚生労働省の通知・通達でこれだけの「制限」が付けられています。
整骨院が勝手に「適用できるかどうか?」を決められる訳ではないのです。
『医療人として与えられたルールは必ず守る』
人様の体を預かる上で、当たり前のことです。
「治療はきちんとしますが、保険は適当に使っておきます」なんて通用する訳がない。
分かって下さい。

「前に肩こりで保険が使えた」というお話を否定する気はありません。
でもルール上、「肩こりに保険は使えない」のです。
治療はきちんとしているが、患者さんの知らない所で「不正請求」に巻き込む。
そんな事態は、絶対にたかま鍼灸整骨院(接骨院)では起こらない。

「保険が使えないのですか・・・・」と言われればもちろん心が痛いです。
もちろんルールに沿って、保険が使えるものには使います。
でも悪いことをしてまで、仕事をするつもりはありません。
なんでも保険が使える不思議な整骨院ではありませんが、できる手段は全て使って治療をさせていただきます。

保険や料金の詳細はコチラ

整骨院での治療は医療費控除の対象です

整骨院で支払った治療費は「医療費控除」の対象になります。

整骨院 医療費控除

出典https://www.nta.go.jp/

税務署ではあまりないようですが、市役所などで行われる確定申告の相談コーナーなどでは「対象にならない」と言われる場合があるようです。

医療費控除の対象になる条件

基本的に次の条件を満たしていれば、医療費控除の対象になりますのでご注意ください。

①整骨院で医療費控除になる費用〜国家資格者によるもの

整骨院の治療で、医療費控除の対象になるのは
・はり師・きゅう師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
の行った治療に限られます。

整骨院にも鍼灸の先生やマッサージ師の資格を持った方がおられる場合があるので挙げてみました。
もちろん鍼灸院で鍼灸師の治療を受けた、マッサージ院であん摩指圧マッサージ師の治療を受けた場合も医療費控除の対象になります。

ただし整骨院で国家資格者以外のスポーツトレーナーや足つぼを受けた場合は、治療目的であっても医療費控除の対象にはなりません。

②整骨院で医療費控除になる費用〜治療が目的であるもの

整骨院によっては様々なメニューがある場合がありますが、医療費控除の対象になるものは「治療が目的であるもの」に限られます。

ダイエットや小顔矯正・美容鍼など、治療が目的でないものは医療費控除の対象ではありません。

③整骨院で医療費控除になる費用〜保険治療でなくてもオッケー

整骨院で保険治療だけを受けている方はもちろん、保険外の自費治療を受けておられる方も医療費控除の対象になります。
整骨院では領収書の発行が義務化されていますので、発行された領収書を必ず保管しておいて下さい。

整骨院 医療費控除

出典https://www.nta.go.jp/

こんな場合は医療費控除の対象ではありません

次の場合は、治療目的であっても医療費控除の対象になりません。
・整体(国家資格者が行っていないもの)
・カイロプラクティック(国家資格者が行っていないもの)
・◯◯マッサージ(国家資格者が行っていないもの)
などは、医療費控除の対象ではありません。

整体院や60分2980円の◯◯マッサージや、サウナやスーパー銭湯での整体・◯◯マッサージは当然、対象にはなりませんのでご注意下さい。

・国家資格者が行ったもの
・治療目的であるもの

が基本的な条件となります。

医療費が多くかかっている方などは、整骨院の治療も医療費控除の対象になりますので申告忘れがないようにご注意ください。

頭痛持ちで「あくびをすると顎が痛い」なら顎関節症が原因かも

普段から頭痛持ちで「あくびをすると顎が痛い」という方は、まず原因として顎関節症を疑ってください。
頭痛と顎が痛いのは、一見関連が無いように思われますが、実は繋がっているんです。

あくびをすると痛い顎関節症と頭痛の意外な関係とは?

顎の関節は、口を開け閉めするための構造をしています。
物を食べる(咀嚼といいます)、発語をするなど口の開け閉めに関する機能が備わっています。

口を開け閉めし、物を噛むためには4つの代表的な筋肉があります。
実は、この「噛むための筋肉」に、顎関節症と頭痛の意外な関係がありました!

顎関節症に関連する4つの筋肉とは?

あくび,顎が痛い,顎関節症,原因,頭痛

噛むための筋肉は、咀嚼筋群と呼ばれる下記の4つの筋肉から構成されています。

・咬筋
・外側翼突筋
・内側翼突筋
・側頭筋

咬筋、外側翼突筋、内側翼突筋は顎関節の周辺にある筋肉ですが
側頭筋は、こめかみから頭の横に広がる筋肉です。
文字通り側頭にあり、顎関節の動きと関連しています。

あくび,顎が痛い,顎関節症,原因,頭痛

https://ja.wikipedia.org/

頭痛の時、こめかみを押さえたりしませんか?
これが、顎が痛い!と言われる顎関節症と頭痛を結びつける重要な筋肉なんです。

一般的な顎周辺のマッサージ・マウスピースで顎関節症が改善しない方は、この側頭筋に対しての治療が不足していることが多いです。

また、側頭筋が硬いままだと、偏頭痛の原因になり筋緊張性頭痛を引き起こす原因にもなります。

たかま鍼灸整骨院(接骨院)では、4つの筋肉へしっかりアプローチし、顎関節症の原因の本丸でもある「頚椎の歪み」まで治療することができます。
顎が痛い!という方は、4つの筋肉と「頚椎の歪み」から顎関節症を治療できる当院までご相談ください。

顎関節症の治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、頭痛と顎関節症の治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669

整骨院で肩こりに保険は使えない?

整骨院で「肩こり」に保険を使えるでしょうか?
肩こりに保険は「使えません」が正解です。

hokensyou

でも、ただ使えませんと言われても何か気持ちがしっくりこないですよね?
なぜ整骨院では肩こりに保険が使えないんでしょうか?

整骨院の保険には、ルールがあります。
これは厚生労働省が決めているもので、各自の整骨院ではどうしようもありません。
 
このルールの中に
「単なる肩こり、筋肉疲労などに対する施術は保険の対象になりません。
このような症状で施術を受けた場合は、全額自己負担になります。」
と書いてあります。

参照:柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて

ただ一般の患者さんには、整骨院の保険は非常に分かりにくいものです。
肩こりで整骨院に行って「保険がきかなかった!」となると納得できない気持ちも良く分かります。
整骨院にとっても、できるだけ治療に保険が使えればとは思いますが。
もともと、「肩こりに保険は使えない」のが真実です。

肩こりで整骨院に行ったけど、保険でやってくれたよ?
という方もおられるかとは思います。
「肩こりで整骨院に行ったら、保険が使えなかった」
「肩こりで整骨院に行ったら、保険でやってくれた」
どちらの整骨院の方が、ルールをきちんと守っているでしょうか?

お支払いが安ければそれにこしたことはありませんが、
「不正請求」で安いのであれば本末転倒ではないかと思うのです。

肩こり治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、肩こり治療に実績のある鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

整骨院の保険と病院の保険の違い

整骨院や接骨院で「保険取り扱い」と書いてあるところがほとんどですが、
実は、病院の保険とはずいぶん違うものってご存知ですか?

「整骨院で保険が利かないって言われてん( *`ω´)」
って方が結構いらっしゃるので、今回は整骨院の保険と病院の保険の違いについて
簡単に説明します。

hokensyou

病院など、医師にかかった時の保険は「医療保険」と言います。
肩こりだろうが、腰痛だろうが何でも保険で診てもらえます。

「整骨院も保険取り扱いって書いてるし」というあなた。
ですよねー。
実は整骨院で保険と言われているのは「療養費」というものです。

療養費について詳しいことはこちらでご覧ください→療養費(健康保険ガイド|全国健康保険協会)

療養費は医療保険の特例部分で
「やむを得ない事情で、保険医療機関で保険診療を受けることができず、
自費で受診したときなど特別な場合」
に支給されるものです。
一旦、全額負担をしてから後で支給されるのが通常の扱いです。

これを見れば、整骨院は「保険医療機関」ではないと言うことになります。
「旅行先で保険証を持っていなくて受診した」場合はやむを得ない場合ですよね。
あとは「生血代(輸血など)」、「装具代(コルセットの製作など」がこれに当たります。

「でも整骨院でも全額負担じゃなくて、病院みたいに一部負担金だけ払ってるよ?」
というあなたはさすがです。

保険証を出して医師の診察を受ける場合は「現物給付」といって
窓口で一部負担金を支払う方式です。
後の7割は病院が保険請求をして、支払いを受けます。

整骨院で保険を使う場合も病院の窓口と同じような扱いですが、患者さんが一旦全額を支払わなくて良いように
「あたかも現物給付」という扱いになっています。
「窓口で病院みたな支払いにした方が、患者さんが便利でしょ?」という理由です。

簡単に保険の違いをお話ししました。
次回は肩こりや腰痛で病院と整骨院に行った場合、どう違うのか?をお伝えしたいと思います。

美容鍼の効果時間を持続させる秘訣とは?

美容鍼

派手な広告などが多くなって、美容鍼効果持続時間に関して勘違いされている方が増えてきました。
「1回施術しただけで、二度と元に戻らなくなる!」みたいなことはありませんので、もしそういうウリ文句を見かけても、騙されないでくださいね^^;

美容鍼の効果を高めるための準備

たかま鍼灸整骨院の美容鍼には、準備期間があります。
色々なお悩みを解決するために、まず基本的な処置から始めるのです。
畑で言えば「耕す」時期ですね。

次に「肥料」を入れる時期です。
心臓と顔の間には、肩と首があります。
首や肩がパンパンに凝っていて、顔の循環が良くなるはずがありません。
首や肩の凝りを同時に解決するために、冷却療法を使って
首や鎖骨下にあるリンパの流れを良くするポイントを的確に施術します。

最後に美容鍼で刺激し、皮膚に十分な循環を取り戻します。
ここまでやって本当にお悩みが解決していくことになります。

「美容鍼」と言うと派手に見えますが、コツコツと当たり前のことを積み重ねています。
顔に鍼をするだけではなかなか効果が出ないケースも多いからです。
お顔の状態や、首や肩の状態もそれぞれ違いますので、
一人一人の状態を確認して的確に施術することが効果を出し、
持続時間を長持ちさせる早道です。

たかま鍼灸整骨院では、お顔だけでなく、デコルテまでトータルに施術できますので
ご相談いただければ、あなたの状態に合った適切なアドバイスをさせていただきます。

美容鍼なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で小顔矯正と美容鍼に実績のある整骨院や鍼灸院、接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『たかま鍼灸整骨院(接骨院)』で美容鍼をお試しください。

TEL:0742-27-4669

整骨院が初めての方へ 整骨院の選び方3つのポイント

たかま鍼灸整骨院院長 大山

今回は、整骨院初めての方へ、整骨院の選び方をお伝えします。

整骨院が初めての方にとっては「整骨院に行ってみようかな」と思っても
「どんなことをするんだろう?」
「いくらくらいかかるんだろう?」
「保険って利くのかな?」
など、分からないことばかりで、色々と不安なこともあるかと思います。

もちろん行ってみないと分からないこともあるのですが、
ここでは事前にチェックすべき「整骨院の選び方3つのポイント」をお教えします。
「安けりゃなんでも良い」とか「揉んでくれればなんでも良い」といった基準ではなく、
自分の大事な体を任せるわけですから「安心できる整骨院なのか?」という基準での
整骨院の選び方になります。

整骨院の選び方3つのポイント

①看板を見よう

整骨院の広告には、法律で書いて良いこと・ダメなことがきちんと規定されています。
看板や院の入り口に「肩こり」とか「腰痛」とかは書いてはいけないことになっています。
骨盤矯正も美容鍼もダメです。

最低限、きちんと法律を守っている整骨院を選びましょう。

②ホームページを見よう

現在、ホームページは広告制限に引っかかりません。
ですので患者さんのためになる情報をストレートに書くことができます。
料金・保険・腰痛治療についてなど、読んで理解できる内容かどうかもチェックしてみましょう。

③電話をかけてみよう

受付に整骨院への道案内をお願いし、親切に対応してもらえるかをみてください。

また症状など難しいことを聞くと、施術スタッフに代わってくれる事が多いです。
自分の症状について的確な返答ができるか?を確認してみましょう。

実際に整骨院へ行かなくても、この3つのポイントを確認していただければ
「行っても良いかな?」という事はだいたい判断できるかと思います。
必ず事前にチェックしてから、整骨院を選ぶようにしましょう。

めまいも”むちうち”のせいですか?

むちうち 頭痛

『追突されて”むちうち“って言われてから、めまいがし始めたんだよね。。。』
これは単なるめまいなんでしょうか?

「むちうちになると痛みが出る」という方がほとんどです。
ひどくなると、病院で頸椎カラーなるもので固定している方を見た方も多いのではないでしょうか?

しかし、中には痛みを訴えないむちうちの患者さんもおられます。
ここで大切なのは「今、首に痛みが無いからむちうちではない」というのは間違いだという事です。

むち打ちなのに痛みを感じない2つのケース

①首の痛み以上に辛い症状が他の場所にある場合

めまいや吐き気、不眠、頭痛、肩の張り、肩甲骨間の引きつれなど、
首の痛みより、他の症状が勝ってしまっている場合がこれに当たります。

吐き気止めや痛み止めだけで対処を続けると、治療が出来るタイミングが遅くなってしまいます。

また治療を続けていくと、首の痛みを感じるようになってくる場合がほとんどです。
ですのでめまいや頭痛、吐き気への治療だけでなく、頚部の治療も継続して行なう必要があります。

②首の筋肉・靭帯などへの負担が比較的少なかった場合

全く痛みが無く、他に症状が無い場合は比較的軽症のむちうちだったと考えられます。

ですが、痛みは無いがめまいや頭痛、手の痺れ、肩甲骨間の引きつれなど
別の場所に症状がある場合は、「むちうちの症状=むちうち症候群」と判断しなければなりません。

手の痺れは神経の出口に負担がかかり、めまいは上部頸椎に負担がかかった症状です。
特に痺れは早期に治療を開始しないと、なかなか治らなくなってしまいますので要注意です。

むちうちは痛みだけではなく、吐き気・めまい・耳鳴りなどの症状も引き起こします。
痛みが無いからむちうちでは無い、と思わないで下さい。

①は痛みがあるので治療の機会が多いですが、
②の場合は「痛みが無い」ので、むちうちに対する治療の開始が遅くなる傾向にあります。
追突などの交通事故に遭ったのに、首の痛みが無い場合は特に注意が必要です。

むちうち治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、むちうち治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でのご予約をお願い致します。
0742-27-4669