顎関節症の原因は◯◯だった!!!

顎関節症で困っている患者さんでも、顎関節症の原因について理解されている方が少ないのが現状です。

原因不明と言われた方も多いですし、原因が分からなくても、マウスピースなどの「処置」だけされている方もチラホラおられます。
親知らずが原因だとか、ストレスが原因だとか。
噛み合わせが悪いので、歯を削る場合もあるようです。

顎関節症は顎運動障害、顎関節痛や関節雑音が単独もしくは複数合併して発現するものと言われ、これらの症状が主要3兆候と呼ばれています。

250px-Cervical_vertebrae_lateral2

顎関節症の治療で重要なのは「首(頚椎)」

顎関節症は、「首」詳しく言うと「頸椎」を治療しないと改善しない、といっても言い過ぎではないです。
顎関節の運動と上部頸椎が連動しているので、「枝」=顎関節ばかりにフォーカスせず「幹」=頸椎の治療が必須です。

また「めまい」や「肩こり」、それから小顔矯正の時に訴えが多くある「顔の歪み」についても頸椎に原因がある場合が多いです。
中には筋肉を調整する治療を受けられている患者さんいらっしゃいますが、それでも多くの施術で軽視されている筋肉があります。
それは顎周辺に無いのですが、どうしても顎周辺を施術した方が実感があるのでしょう。

最近は歯科でも頸椎の重要性が認識されはじめ、治療に取り入れている先生も増えつつあるようです。
しかし頸椎を診る歯科の先生もまだまだ数が少ない状態です。

 

顎関節症がなかなか改善されない場合

  • 頸椎に対して、熟練した技術でアプローチができる(取扱数が多い)
  • 顎関節だけでなく、周辺の筋肉や原因と思われるポイントを治療できる
こういう歯科、鍼灸院、整骨院などを探されると改善が見込まれます。


顎関節症の治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、顎関節症治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669


関連する投稿