奈良ではどんな交通事故が多いんでしょうか?

051

奈良県は他県に比べて交通事故の発生は少ないようですが、
どんな交通事故が起きているのでしょうか?
気を付けないといけない時間帯などを知っておく事で、
事故に遭う確率を少しでも減らせるかも知れません。

平成26年の統計から拾っていきましょう(死亡者数は記載していません)
奈良県警察交通事故発生状況、を参考にしています

まず、奈良市の事故の発生状況です。
事故数は1257件→1544件へ22.8%増加しています
負傷者は1584人→1949人と365人増加しています。
しかし重傷者が162人→134人へ減少しています。

負傷者が増加している中、重傷者が減っていますので軽症者の人数が大きく増加しています。
県全体の事故数が5868件ですので、奈良県の事故のうち26%が奈良市で発生している事になります。

県内では6月と7月に事故が多く発生しています。
時間帯では8時から10時、16時から18時に多く発生しています。
高齢者の負傷者は全体の17%ほどで、怪我をされた方の5人に1人は高齢者です。
子供が関係する事故では自転車、歩行中の順で多く16時から18時に多く発生しています。
これだけでも気をつけないといけない事がいくつか出てきます。

また飲酒運転の追突事故は避けようがありませんが、未だに70件発生しています。
飲酒運転での事故がこんなに発生しているのはやりきれません。
交通事故は被害者になると治療もしなくてはいけませんし、
仕事や生活にも多大な支障が出ます。

むち打ちなど、交通事故の被害に遭ってしまった場合は
出来るだけ早い社会復帰に向けて治療を行なわないといけません。
まずは治療が最優先ですが、ある程度治療可能な時間は限られています。
  ↓
参考記事 むちうちの通院期間3ヶ月の罠

交通事故に遭われた場合は、病院や整骨院で、早めに治療を受けることが大事です。
ただし、むちうちなどの交通事故治療は、高度な専門治療が必要になりますので
治療院を選ぶ際は、実績のあるところに通ってください。


交通事故によるケガの治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、交通事故治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669






関連する投稿