骨盤矯正の効果とは

20130808172556

最近は「骨盤矯正」という言葉を良く耳にしますが、その効果をご存知でしょうか?
実は、骨盤矯正の効果というのは様々で、産後の腰痛などの治療だけでなくダイエットなどの美容整体としても効果があります。

先生によって色々な骨盤矯正法がありますし、「自分でできる」という骨盤矯正もあるようです。
ゴムバンド療法などセルフケアとして効果があるものもあります。

しかし、たかま鍼灸整骨院のホームページには大々的に「骨盤矯正」とは書いていません。
たかま鍼灸整骨院では骨盤矯正をやってないの?というお問い合わせもたまにありますが、骨盤矯正はあくまで「手段」です。

患者さんの求めているものに対して骨盤矯正をするのか、鍼灸をするのか、筋肉の調整をするのかというのは、患者さんの状態を見てから最適な手段を判断しなければなりません。
骨盤矯正が全てを解決する訳ではありませんので、「骨盤矯正」と大々的にうたっていないのです。

たかま鍼灸整骨院では骨盤矯正をやってないの?という質問にはもちろんやってますよー、とお答えしています。
治療の中に含まれていますので、わざわざ骨盤矯正について調べて来ていただなかくても大丈夫です。
1から全て説明させていただきますのでご安心ください^^

骨盤矯正なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、骨盤矯正ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

運動前のストレッチはケガの元という研究結果が?

lgf01a201307291500

運動前には、怪我の予防の為にも入念なストレッチをしましょう。
これって多くの方が常識だと思ってます。
で、ケガをしようものなら、運動前のストレッチが足りなかったと反省しますよね?

しかし、実はこの常識が間違いだとしたら・・

突然そんなことを言われても、ちょっと信じがたいですよね?
でも運動する前に「あるストレッチ」をすると、運動能力が落ち、怪我のリスクが高くなるという研究結果が出てるんです。

運動前にしない方が良いストレッチとは?

では、「あるストレッチ」とは、具体的にどんなストレッチなのでしょうか。
それは・・・
みなさんお馴染みの一定時間同じ姿勢で伸ばすストレッチです!

ストレッチをすると筋肉や腱は、伸ばされて緩んでしまいます。
ですから運動前にストレッチをすると、柔軟性とパフォーマンスを向上させ、怪我の予防にも繋がるというイメージがありますが、実は筋肉の瞬発力が落ちてしまいます。

なぜなら筋肉は収縮することが仕事だからです。
ですから関節周りの筋肉が伸ばされ収縮力が失われると、緩んだ筋肉が関節を保持できなくなり、怪我が起きやすくなってしまいます。

ストレッチ以外の最適な準備運動とは

同じ姿勢でじっくり伸ばすストレッチは避けて、散歩やジョギング、運動の中で実際に行う動きなどをして十分に体を温めてください。
ストレッチをすることがすべてダメというわけではないですが、運動前のストレッチはやめておきましょう。
怪我をする確率が高くなってしまいます。

運動中のケガやパフォーマンスアップなら奈良市たかま鍼灸整骨院にお任せください

奈良市で、鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

ぎっくり腰で温めるのは逆効果

ぎっくり腰」という症状名を知っている方は多いのですが、正しい対処療法を知ってる方は少なく、「温める」などの間違った処置をされています。

ぎっくり腰とは

ne25-5

ぎっくり腰とは、重いものを持ち上げたり、イスから立ち上がったりなど、何気ない動作をした時に起こる急性の腰痛です。
この辛さは、経験のある人でないと理解できません。
まず痛くて動けませんし、腰に力が入らず、自力で立ちあがるのは、非常に苦痛をともないます。

ぎっくり腰の間違った対処法

ぎっくり腰を早く治したいというお気持ちは分かるのですが、患者さんにお話しを聞くと、みなさん間違った対処をされています。
例えば熱いお風呂に長く使って温めてみたり、マッサージやストレッチをしてみたり、湿布を貼ってみたり、色々なことをされます。
しかしこれらの間違った対処が、逆にぎっくり腰を治りにくくしているのです!!

足首を捻挫したり、頭をぶつけてたんこぶができた時、捻った足首をいきなりマッサージしたり、たんこぶを温める人はいませんよね。
でも何故かぎっくり腰や寝違えなどの肩や腰の場合は、温めてしまう人が多いのです。

ぎっくり腰は冷やすべし

もしぎっくり腰になったら、必ず冷やしてください。
それから無理な動きはしないでください。
それが早く治すための第一歩です。

あとは早めに専門家に相談し、治療してあげることが大切です。

ぎっくり腰の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、ぎっくり腰の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

腰痛からくる足のシビレ

url

腰痛の方に多く見られる症状として、足のしびれやダルさがあります。
お尻から太ももにかけて、もしくは、ふくらはぎの辺りにしびれやダルさを感じる。
これらの症状は、腰痛に原因がある可能性が高いです。

腰痛になると足のしびれが出る原因

なぜ腰痛があると足にまでしびれやダルさといった症状がでるのでしょうか?
腰からはたくさんの神経が出ていて、足先までつながっています。
この神経の通り道が筋肉の緊張などにより圧迫されることで、
足にしびれやダルさが出たり、ひどい場合は、足に力が入らなくなり、
筋肉が細くなることもあります。

腰痛からくる足のしびれの治療法

足のしびれの治療には、神経の圧迫をとらなければなりません。
腰痛が原因となっている場合、足がしびれる、ダルいからといって
足を治療しても良くなりません。
根本の原因となっている腰痛を治療しなければ、
足のしびれは改善しないのです。

腰痛からくる足のしびれは、すぐには改善しにくいのが特徴です。
少しでも腰に違和感を感じたら、早めに治療することをお勧めします。
かるい腰痛も放っておくと、足のしびれの原因にもなりますので、
たかが腰痛と自己判断しないでくださいね。

腰痛の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、腰痛の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

腰痛時のコルセットの正しい使い方と効果

腰痛になった時、少しでも痛みを改善、軽減しようとコルセットを腰に巻く方はたくさんいらっしゃると思います。
コルセットは、せっかく巻いても正しい使い方をしなければ、腰痛に効果がありません。
今回は、正しいコルセットの使い方についてお話したいと思います。

腰痛を治すものではない

コルセットは、腰の周りにある筋肉の働きを助け、
痛みの出る姿勢をとらせないようにするものであって、
腰痛を治すためのものではありません。

ただし腰痛を予防するのには効果的です。
例えば力仕事や腰に不安のある方は必要に応じて装着しましょう。
常日頃からコルセットを付け続けると筋肉を弱くする原因になりますので、
必要な時だけつることをお勧めいたします。

コルセットをつける位置

コルセットを巻いても、つける位置を間違うとまったく腰痛に効果がありません。
コルセットを巻く時は、ウエストのラインにある腰骨をコルセットの幅の中心に来るようにします。
下腹部を持ち上げるようなイメージで巻いてあげると効果的です。
と言っても、わかりにくいと思いますので、動画で正しい巻き方を説明したいと思います。

腰痛の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、腰痛の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

腰痛の原因は内臓?

腰痛原因には様々なものがありますが、実は内臓疾患が原因となる腰痛もあります。

内臓に原因がある腰痛とは

私にも経験があるのですが、ある日の朝、腰から背中のあたりが
だるいなと感じました。
だけどそんなに痛くもないし、大丈夫かなと思い仕事へ出勤したんです。
で、普段通り仕事を始めたのですが、すこし右の脇腹のほうに
違和感を感じ始めました。
すると、だんだん冷や汗が出るほど脇腹からお腹のあたりが
痛くなってきたのです。
結果としては腎臓結石でした。

内臓に原因のある腰痛の見分け方

このように内臓の疾患によって、お腹の痛みが出る前に
反射反応として腰や背中に痛みやだるさなどの症状が現れます。
内臓疾患によって腰や背中など反応の出る場所は違いますが、
こういった場合は早く病院に行くことが大切です。

内臓からくる腰痛の特徴としては
動作に関係なく安静にしていても痛みがあります。
また背中を叩くと背中からお腹にかけて、突き抜けるような痛みを感じます。
これらはあくまでも簡易的な判断材料ですので、腰痛などの症状が長く続く、
いつもと違う痛みを感じた時は自己判断せずに医師の診察を受けてください。

背中の叩き方は、動画で説明していますので、
思い当たる方は参考にしてみてください。

腰痛の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、腰痛の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

鍼灸(鍼治療)は、なぜ肩こりや腰痛の治療に効果的なのか?

鍼灸鍼治療)は、肩こりだけでなく、腰痛などいろんな症状にたいして有効な治療法です。
今回は、肩こりにおける鍼灸(鍼治療)の効果について、なぜ鍼をすると痛みが和らぐのか、
症状が改善するのかということについてお話をしたいと思います。

鍼灸(鍼治療)は痛い?

ただ、その前に鍼灸(鍼治療)に対する悪い先入観から
取り払っておきましょう。
よく「鍼灸(鍼治療)は痛いんじゃないですか?」と言われるのですが、
実際は、まったくそんなことはありません。
鍼灸(鍼治療)に使う鍼の先は、「松葉型」といって注射鍼とは形状が違い、
痛みを感じにくい作りになっています。

たかま鍼灸整骨院(接骨院)の患者さんなんて
鍼を打ったことに気づかない人も多いです。
「えっもう鍼を打ったんですか?」って感じですね。
まあそれは私の腕が良いということもあるのですが(笑)
注射じゃないんですから、まずは「痛い」という
先入観をなくしてもらえればと思います。

鍼灸(鍼治療)が、肩こりや腰痛に効く理由

では、鍼をするとなぜ肩こりや腰痛の痛みが和らぐのか?
どんな効果があるのか?と言いますと
鍼で刺激をすることにより、自律神経系、内分泌系、免疫系などに作用して、
その結果筋肉の緊張の緩和、血液、リンパ液の循環の改善、自然治癒力の向上、
鎮痛効果等の作用があります。

例えば肩こりに鍼灸(鍼治療)をすると、固くなった筋肉の緊張を緩和させ、
血液やリンパの流れがよくなることで疲労物質を流し、痛みや不快感を抑えてくれます。
手では届かない筋肉の根っこまで刺激ができるので、
表面からだけではなく奥からの治療が可能になります。

これを機会に鍼灸(鍼治療)に対する良いイメージを
もっていただけると嬉しいです。
はっきり言って、鍼は効きますよ~(^^)

動画でも鍼灸(鍼治療)について説明していますので、
どうぞご覧になってください。

奈良市で鍼灸(鍼治療)をするならたかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、肩こり腰痛に効果抜群の鍼灸(鍼治療)ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

腰痛の人は、腰痛体操をしてはいけません。

よく腰痛やぎっくり腰だからといって腰痛体操をする人がいるのですが、
これってむしろ腰痛を悪化させるので絶対にやめてくださいね。

腰痛体操とは

腰痛体操といわれると腰痛を持っている人が、
腰にある痛みを改善するための体操だと思っていませんか?
これって大きな勘違いなので注意してくださいね。

では何のための体操なのか?
実は、腰痛体操というのは「腰痛を予防するための体操」なのです。
紛らわしいので、名前を「腰痛予防体操」に変えて欲しいと思っています。
腰痛がなく、もしくはほんとに軽い症状の人がひどくならないために行う体操であって、
ひどい腰痛がある人が痛みをとるためにする体操ではないのです。
そういう場合、腰痛の悪化原因になりますので、腰痛体操はお勧めできません。

正しい腰痛の対処法

では、ひどい腰痛の場合は、どうすれば良いのか?
ひどい腰痛やぎっくり腰などの急性の腰痛になった場合は、冷やしてあげてください。

ただし冷やすといっても湿布はダメです。
冷感湿布でも冷えるのではないかと思われがちですが、
冷感湿布は名前の通りひんやりする感覚があるだけで、冷えてはいません。

冷やす時は、氷のうや保冷剤などがあればベストですが、
なければスーパーの袋を三重ぐらいにして氷と水をいれて冷やしましょう。
※水の量は氷の半分くらい

急性の腰痛は、炎症を持っていますので冷やすのが効果的です。
絶対に腰痛体操はしないでください。
何度も言いますが腰痛体操は腰痛を予防するための体操であって、
腰痛の痛みをとるためのものではありません。

腰痛治療に実績のある奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へのアクセス

奈良市腰痛専門治療ができる整骨院や鍼灸院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

腰痛がなかなか治らない原因とは?

腰痛に限らず、治療を受けても思ったように効果が出ないと
判断される原因はいくつかあります。

腰痛が治らない原因

施術者に原因がある場合

・施術者の腰痛治療が的外れ
・治療に必要な腰痛の鑑別が間違っている

患者さんに原因がある場合

「プロの判断に従わなかった」
思い当たりませんか??
「3日以内に来て下さい」
「次は1週間後に来て下さい」
「念のため2週間後に来てもらえますか」
忙しくて行けないまま…なんてことはありませんか?(苦笑)

プロの判断には理由があります。
「いや、前はぎっくり腰が1回で治ったから」とおっしゃる方もいます。
以前のぎっくり腰と今回のぎっくり腰は全く同じ原因、症状でしょうか?
加齢によって身体の状態だって変化しているはずです。

もちろん腰痛が完治すれば、治療を続けなくても構いませんが、
メンテナンスのために通院していただければ再発の可能性は
ぐっと低くなります。
ただ自己判断で治療を中断するのは絶対におやめください。
みすみす腰痛を再発させてしまう事になってしまいます^^
ある意味もったいないですのでね。

腰痛の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)

奈良市で、腰痛の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

ストレッチは腰痛を悪化させる?

腰痛の時、自宅でできる改善法としてどんなことしてます?
多くの方が、ストレッチをしてると思います。
腰に疲れを感じたら腰を伸ばすと気持ち良いような気がしますよね…
しかしこのストレッチが腰痛の治りを遅くしたり、
悪化させていることがあるって知ってますか?

何を言ってるんだと思う人がほとんどだと思いますが、
これって本当の話なんです。

背伸びはストレッチじゃない?

普段デスクワークやパソコン作業などの前かがみになる姿勢が多い方で、
腰に怠さを感じた時に背伸びのように体を反らせる動作をすると、
気持ちがいいと感じた経験はありませんか?

デスクワークをしていると上半身が前かがみになっていることにより、
首は少し前に傾き、肩と背中の筋肉は少し丸くなっています。
言い換えると首、肩、背中の筋肉が伸ばされているということです。
椅子に座っている姿勢などは、立っている姿勢にくらべると腰の筋肉も伸ばされています。
そんな状態をしばらく続けたあと、立ち上がって背伸びをすると
首、背中、肩、腰の筋肉が伸ばされた状態から解放され、気持ちがいいのです。

筋肉は伸びたり、縮んだりする組織ですが、
長時間伸ばされ続けることで疲れがたまり、縮まることで休まります。
背伸びが気持ちいいのは、背中や腰の筋肉を伸びた状態から解放し、
縮んだ状態にしてあげるからなんです。

そういった意味では、背伸びはストレッチじゃありませんね。
私的には「背伸び」より「背縮み」と呼んだ方がしっくりきます(笑)

ストレッチが腰痛を悪化させる理由

ここまでの説明でお分かりでしょうが、
長時間座り続けて伸びきった腰や背中の筋肉を
さらにストレッチで伸ばすというのはどうなんでしょうか?

当然、筋肉に更なる負担をかけることになりますよね。
これって正座で足がしびれてる時に太ももに重りを乗せられるようなもんです(笑)
日ごろから伸ばされて辛くなっている筋肉をさらに伸ばすようなストレッチは、
今すぐやめてくださいね。

腰痛治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市腰痛専門治療ができる整骨院や鍼灸院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。