腰痛の時、「原因は腰」だと思いこんでしまうのはなぜか?

腰痛原因って一体なんなんでしょう???
少なくとも、腰が痛い場合は「腰が悪い」とおっしゃる方がほとんどです。
なぜこんなことになっているんでしょうか?

腰痛の原因が腰にあると思ってしまう理由

おそらくこんなことだと思います。
腰痛で病院に行ったとします。

  • 腰の痛みについて問診。
  • 腰のレントゲンを撮影。
  • 腰の痛みに飲み薬。
  • 痛い時に腰に湿布を貼る。
  • 痛みがひどい場合は腰に注射。
  • 腰に巻くコルセットの説明があるかも知れません。
  • リハビリ室があるなら、腰を温め腰に電気を当てて腰を牽引する、など。
  • 詳しく検査をする為に腰のMRIを撮影するかも。
  • どうしてもダメなら腰の手術になります。
  • 運動も大事なので腰痛体操のパンフレットを渡されたり。

腰痛 原因

お医者さんにこれだけ言われたら
「あー、腰が悪いんだな。原因を見つけて腰の治療をしよう」
と思って普通だと思うんです。

だって腰が痛いと言って整形外科を訪れて、股関節や足首や骨盤の状態を確認されたことがある方っておられます???
批判ではなくて、西洋医学はそういう手順なんです。
もし、腰に腰痛の原因が無い場合は良くならなくて当たり前じゃ無いでしょうか???

病院で全ての治療ができる訳ではありません。
病院では病院にしかでき無いコトがあります。
たかまではたかまにしかできないコトで、毎日治療に当たっています。
しばらく病院で治療して、あまり症状が変わらない場合は「別の視点」で考えてみることが重要です。

腰痛治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、腰痛治療に実績のある鍼灸院整骨院、をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

完全予約制ですので、事前にご予約をお願い致します。
TEL:0742-27-4669

同じような腰痛治療をするなら病院でいいんじゃないですか?

「よし!腰痛治療をしよう!」と思われた時、病院や鍼灸院、整骨院や整体などどれにしようか迷いますよね?

第一段階 何か病気や骨の異常があるといけませんから病院に行く事

「え?いきなり整骨院に行ってはいけないの?」と思われるかも知れません。
でも、「医師の治療が必要な異常があるかないか?」が重要で、レントゲンなどの検査は病院でしかできませんので”まず病院”という選択は正しいと考えています。

『病院でできる事』と『整骨院でできる事』をしっかり分けて考える事はとても大切です。
もちろん整骨院へ来ていただいて、病院へ行った方が良い場合は病院へ行っていただくよう説明をします。
「病院へ行った方が良いのか?」を判断するのも、整骨院の仕事です。

第二段階 病院で異常が無かった場合

温めたり、マッサージをしたり、牽引をしたり低周波の電気治療をするなら病院のリハビリ(その病院にあればですが)が良いでしょう。
整骨院でも電気を当てて、マッサージをして、牽引をして。。。。。
全く同じような治療なら、整骨院に行かないといけない大きな理由は無いです。
整骨院の方が待ち時間が少ない、マッサージが長い、先生が優しい、などで整骨院を選んでも良いですが。
それは腰痛の治療には関係ありませんので、自己判断となります。

第三段階 マッサージをしたり電気を当てても治らない場合

病院で行っていない治療を行っているのが、整骨院の強みだと考えます。
腰痛 病院
他の整骨院を全て知っている訳ではありませんが、たかま鍼灸整骨院(接骨院)に限って言えば、「鍼灸治療」や振動を使う「筋スラッキング」、カイロプラクティック、テーピング、冷却療法etc。。。。
これらは「病院では受けられないけど、たかまなら受けることができる」治療になります。

また、腰痛は腰だけ治療することが多いですが、たかまは全身のバランスや重心をメインに治療を行っています。
病院も様々な病院がありますが、整骨院も病院以上に様々な治療を行う整骨院があります。
患者さんに「こんなことができます」とお知らせできればわかりやすいのですが、法律で広告が制限されているのでそれも難しい現状です。
ご質問があれば、来院前でもお問い合わせ頂ければお答えします。

腰痛治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、腰痛治療に実績のある鍼灸院整骨院、をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

腰痛の原因は1つではない

118

腰痛を感じると「どこが悪いんだろう?」と原因を考えることが多いと思います。
実は、一言で腰痛といっても、その原因はいくつか考えられます。

主な腰痛の原因

主に腰痛の原因として考えられるのは、下記のようなものです。

  • 股関節
  • 背部筋の張り
  • 太もも前面の機能的な拘縮
  • 体の歪み
  • お腹の圧が上がった
  • 生理
  • 腰部の循環不全から来る腰痛

などなど。

これに一般的に言われる椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など
腰自体に痛みの原因があると思われる疾患が加わります。
またそれぞれが同時に起きている場合もあります。

間違った腰痛対処法

一般的に自分でなんとかしよう!という場合は
湿布を貼ったり、ストレッチをしたり、温めたりが多いようです。
お腹の圧が上がっている場合は、ストレッチでは解決しませんし、
背部筋の張りから来ている場合は腰に湿布を貼っても効果はありません。

いつもの腰痛、ということでいつもの処置が当たれば楽になるでしょう。
でもいつもの処置をしても痛みが変わらない時や、
原因がはっきりしない場合は、身体全体のバランスや身体の動きを確認することが大切です。

レントゲンやMRIで特に原因が見つからなかった場合は、
腰だけではなく身体全体のチェックをされることをおススメします。
自分では気づきにくい歪みや筋肉のバランスをチェックすることで
痛くならない腰を目指してメンテナンスに繋がります。

腰痛治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、腰痛治療に実績のある鍼灸院整骨院、をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

腰痛は風呂に入れば楽になる?それとも悪化する?

腰痛は、お風呂に入るとになるという方もいれば、悪化するという方もいます。
どちらが正しいのでしょうか?

腰痛が風呂に入ると楽になる理由

腰痛がお風呂で楽になるという方は、実際に腰痛が楽になっていると感じているのですから良いのですが、毎日お風呂にさえ入っていれば大丈夫と考えるのは間違いです。

あたためると循環が良くなって腰痛が改善・・・・・・
なんてことはありません^^;

「一時的に血行が良くなるので、腰痛が楽になったと感じる」というのが正解です。
温めただけで腰痛が治るのであれば、私達治療家は必要ありません。
重心や筋肉の状態、身体の動きなどを調整すれば、お風呂で余計に温めなくても腰痛は改善します。

腰痛がお風呂で悪化するケース

腰痛の方がお風呂に入る際、気を付けないといけないのは、下記のようなケースです。

  • ・いつもはシャワーなのに浴槽に浸かる
  • ・いつもより熱い温度にして浴槽に入る
  • ・いつもより長い時間、浴槽で温める

いつもと違うことはしないようにしましょう。

もちろん、腰痛は先に専門家に診てもらうべきです。
病院でも整骨院でも鍼灸院でも構いません。

  • ・温めて良いのか
  • ・冷やすのが良いのか
  • ・治療が必要なのかどうか
  • ・今、自分の腰はどんな状態なのか

自己判断だけはせずに、まずは腰痛を「正しく管理」することが大切です。

腰痛治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、腰痛治療に実績のある鍼灸院整骨院、をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

あなたの腰痛の原因はヘルニア?

ヘルニア

『あなたの腰痛ヘルニア原因ですね!』
たかま鍼灸整骨院の腰痛患者さんの中には、病院や整形外科でこう診断された方が少なくありません。

しかし腰痛でヘルニアと診断されたからといって、100%ヘルニアが腰痛の原因というわけではないんです。。
飛び出した椎間板が悪さをしていない場合もありますし、
私ももしかすると椎間板が飛び出ているかも知れませんが、とくに腰痛の症状はありません。

いつも患者さんに説明しているのは
「皆さん、産まれた時から腰にヘルニアを持っている訳ではありません。
なんらかの原因で腰痛になり、ヘルニアになってしまうんですよね?
という事はヘルニアになってしまった人が腰にかけていた負担と
同じような負担をかけ続けると腰痛→ヘルニアになってしまう確率が高いということ。
まずはその負担を逃がしてあげる事から治療を始めませんか?」
こんな感じです。

腰が痛からといって、ヘルニアが腰痛の原因とは限りません。
動きの悪さや、姿勢の変化で腰部に負担が集中しているということです。
あなたの腰痛、本当にヘルニアが原因なんでしょうか????

こと、原因不明の腰痛に関しては「安静」はベストな選択ではありません
「安静=何も治療しない」ことですので、まずは腰痛の原因は何か?を探すことが最も大切です。

腰痛治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、腰痛治療に実績のある鍼灸院整骨院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

予約制のため、まずはお電話でご予約ください。
0742-27-4669

鍼灸治療や美容鍼灸は痛いですか?

201211605128

鍼灸治療美容鍼灸痛いんじゃないですか?」
という患者さんがたまにいらっしゃいます。

大きく分けて理由は2つ。

「鍼灸治療や美容鍼灸を受けた事が無いけど痛そう」
「鍼灸治療や美容鍼灸を受けた人に痛かった、と聞いた」

食わず嫌いと同じなので、ここできちんと説明したいと思います。

私が鍼灸師だから言う訳ではありませんが、鍼灸自体はすごい効果を発揮する治療です。
肩こりに対しても、腰痛に対しても手が届かない部位を治療できるんですから。

問題なのは、

「鍼灸をしたことはあるが、痛かった」
「痛くないと聞いたのに、鍼を刺す時の痛みが我慢できない」
「鍼灸治療をしたあとに痛かった」

こういったケースです。

誤解を恐れずに言うならば、これは「鍼灸治療を行なった人の問題」です。
つまり治療を受けた鍼灸師の技術の問題であって、鍼灸治療の問題ではありません。
ここを間違えないでいただきたい。

「説明が下手、または説明が不十分」
「鍼灸治療のメリット・デメリット」
なんかをきちんと伝えていないと、患者さんの不安がMAXです。
不安なまま鍼をすると、やはり痛みを感じやすい。

また、下手な鍼灸師にあたってしまうこともあるでしょう。
不安な状態で下手な鍼灸を受けりゃそりゃ嫌いになります。

ただ、たかま鍼灸整骨院では、多くの患者さんが鍼灸治療を併用されており、
継続していただいています。
怖がっていた人も術後は思ったほど痛くなかったとおっしゃいますし
何より効果を実感されるので満足度が高いです。
食わず嫌いをせず、ぜひ一度お試しいただきたいと思います。

鍼灸治療や美容鍼灸なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、鍼灸治療や美容鍼灸に実績のある鍼灸院をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

朝だけ腰痛があるが、動き出すと腰痛が治るわけ

103

起きる時に腰痛で起き上がれない、腰が固まったようで動きづらい。
だけど起き上がってしまえば、動き出してしまえば腰痛がなくなり、朝のつらさがなくなってしまう。
そんな腰痛持ちの方も少なくありません。
こういった症状もれっきとした腰痛の症状です。

朝だけ腰痛になる原因

朝だけ腰痛になる原因は、腰回りの循環が悪くなり、痛みが出たり腰が固まった感じになることにあります。
なので動きだして血液が循環し始め、体温が上がってくると痛みがマシになり動きやすくなるのです。

人間の体温は夕方ごろに一番高くなり、朝方にかけて一番体温が低くなります。
朝は眠っているので脈拍も緩やかで、血液の循環がゆっくりになっているということです。

この状態は、全員に起きることです。
ではなぜ朝起きて腰が痛い人と痛くない人がいるのでしょうか?

それは腰の状態によります。
腰に関連する筋肉が固くなりちゃんとした働きをしなくなった状態の人と、しっかり体のケアをして筋肉の働きがいい人とでは腰回りの循環に差が出ます。
これが朝の腰の状態に響いてくるのです。

朝は痛いけど動くと痛みがなくなるから、腰がだるかったりするけど休むと痛くなくなるから、自分は腰痛ではないと思っている方はたくさんいらっしゃいます。

本当に朝だけ痛いですか?
普段からだるさや違和感はありませんか?
これらの症状を甘く見ないでください。
ほったらかしにすると突然きつい痛みに襲われることもありますよ!

腰痛治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院へ

奈良市で、腰痛治療に実績のある鍼灸院整骨院、をお探しなら、近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の奈良市『たかま鍼灸整骨院』へお越しください。

TEL:0742-27-4669

腰痛からくる足のシビレ

url

腰痛の方に多く見られる症状として、足のしびれやダルさがあります。
お尻から太ももにかけて、もしくは、ふくらはぎの辺りにしびれやダルさを感じる。
これらの症状は、腰痛に原因がある可能性が高いです。

腰痛になると足のしびれが出る原因

なぜ腰痛があると足にまでしびれやダルさといった症状がでるのでしょうか?
腰からはたくさんの神経が出ていて、足先までつながっています。
この神経の通り道が筋肉の緊張などにより圧迫されることで、
足にしびれやダルさが出たり、ひどい場合は、足に力が入らなくなり、
筋肉が細くなることもあります。

腰痛からくる足のしびれの治療法

足のしびれの治療には、神経の圧迫をとらなければなりません。
腰痛が原因となっている場合、足がしびれる、ダルいからといって
足を治療しても良くなりません。
根本の原因となっている腰痛を治療しなければ、
足のしびれは改善しないのです。

腰痛からくる足のしびれは、すぐには改善しにくいのが特徴です。
少しでも腰に違和感を感じたら、早めに治療することをお勧めします。
かるい腰痛も放っておくと、足のしびれの原因にもなりますので、
たかが腰痛と自己判断しないでくださいね。

腰痛の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、腰痛の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

腰痛時のコルセットの正しい使い方と効果

腰痛になった時、少しでも痛みを改善、軽減しようとコルセットを腰に巻く方はたくさんいらっしゃると思います。
コルセットは、せっかく巻いても正しい使い方をしなければ、腰痛に効果がありません。
今回は、正しいコルセットの使い方についてお話したいと思います。

腰痛を治すものではない

コルセットは、腰の周りにある筋肉の働きを助け、
痛みの出る姿勢をとらせないようにするものであって、
腰痛を治すためのものではありません。

ただし腰痛を予防するのには効果的です。
例えば力仕事や腰に不安のある方は必要に応じて装着しましょう。
常日頃からコルセットを付け続けると筋肉を弱くする原因になりますので、
必要な時だけつることをお勧めいたします。

コルセットをつける位置

コルセットを巻いても、つける位置を間違うとまったく腰痛に効果がありません。
コルセットを巻く時は、ウエストのラインにある腰骨をコルセットの幅の中心に来るようにします。
下腹部を持ち上げるようなイメージで巻いてあげると効果的です。
と言っても、わかりにくいと思いますので、動画で正しい巻き方を説明したいと思います。

腰痛の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、腰痛の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。

腰痛の原因は内臓?

腰痛原因には様々なものがありますが、実は内臓疾患が原因となる腰痛もあります。

内臓に原因がある腰痛とは

私にも経験があるのですが、ある日の朝、腰から背中のあたりが
だるいなと感じました。
だけどそんなに痛くもないし、大丈夫かなと思い仕事へ出勤したんです。
で、普段通り仕事を始めたのですが、すこし右の脇腹のほうに
違和感を感じ始めました。
すると、だんだん冷や汗が出るほど脇腹からお腹のあたりが
痛くなってきたのです。
結果としては腎臓結石でした。

内臓に原因のある腰痛の見分け方

このように内臓の疾患によって、お腹の痛みが出る前に
反射反応として腰や背中に痛みやだるさなどの症状が現れます。
内臓疾患によって腰や背中など反応の出る場所は違いますが、
こういった場合は早く病院に行くことが大切です。

内臓からくる腰痛の特徴としては
動作に関係なく安静にしていても痛みがあります。
また背中を叩くと背中からお腹にかけて、突き抜けるような痛みを感じます。
これらはあくまでも簡易的な判断材料ですので、腰痛などの症状が長く続く、
いつもと違う痛みを感じた時は自己判断せずに医師の診察を受けてください。

背中の叩き方は、動画で説明していますので、
思い当たる方は参考にしてみてください。

腰痛の専門治療なら奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)へ

奈良市で、腰痛の専門治療ができる鍼灸院整骨院接骨院をお探しなら、
近鉄奈良駅5番出口より徒歩3分の『奈良市たかま鍼灸整骨院(接骨院)』へお越しください。